ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故解決事例~受任から一週間で提示額の約5倍の示談成立~
  • 交通事故解決事例~受任から一週間で提示額の約5倍の示談成立~
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    みなさんこんにちは。

    弁護士の阿部です。

    今回は,私が受任した交通事故案件の解決事例をご紹介したいと思います。

    事案は,100%相手方に責任がある事故で,依頼者様は約3か月半通院し,治療を終えたというものでした。

    相手方保険会社からの当初提案額は約10万円でしたが,裁判実務において用いられている賠償基準に則れば,少なくとも40万円以上は認められ得ると見込まれました。

    そこで,ご依頼をお受けした後,相手方保険会社に対して直ちに増額の再提案を行いました。

    その後,交渉期間わずか一週間で,当初提案の5倍である約50万円での示談内容で合意することができました。

    以前のブログにおいて,受任後わずか2日で示談が成立したという案件をご紹介させていただいたことがあります(詳細はこちらです。)。

    今回の案件も,その事案程ではないにしろ,迅速かつ十分な内容で補償額の増額に成功した好例といえるかと思います。

    本件は当事者間に事実関係の争いがないことが幸いしたということもあり,どんなケースでもこのような早期解決が見込めるわけではありませんが,必ずしも“弁護士に頼む=やたらと時間がかかる”というわけではありません。

    また,今回の依頼者様のように通院期間が3か月半くらいというケースでも,弁護士に依頼することで,賠償額について一定の増額が見込めるケースは少なくありません。

    以前のブログでも度々お伝えしておりますが,ぜひ,「保険会社から示談の提案を受けたら,まずは弁護士にチェックしてもらう」ということを頭の片隅に入れておいていただければと思います。