ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 遺留分の請求権は生前に放棄可能!
  • 遺留分の請求権は生前に放棄可能!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    皆さんこんにちは!

    弁護士の阿部です。

    今回は,「遺留分を請求する権利は,被相続人が存命の間に放棄してもらうことができる。」というお話をしたいと思います。

    ※「遺留分」とは何かという点については,こちらの過去記事をご参照ください。

    遺留分を請求する権利(厳密には「遺留分減殺請求権」といいます。)は,時として,被相続人の意に沿わない遺産相続を実現してしまう結果となることがあります。

    これは法律上仕方のないことではありますが,被相続人の方にしてみれば,自らの財産である以上は,誰に引き継いでもらうかも全て自分の意思どおりにしたい,という思いが芽生えることもありうると思います。

    そのような場合,遺留分減殺請求権を,被相続人の方がご存命の間に,特定の法定相続人に放棄してもらうことが可能です。

    財産上の重要な権利の放棄という手続であるため,家庭裁判所においてきちんと必要書類等を揃えて申請書を提出する必要がありますが,そのような手段があるということ自体あまり知られておりませんので,まずその点を皆さんに知っていただければと思います。

    その上で,実際に放棄してもらうためにはどうしたらよいか,というところですが,これは,当然ながら,十分に当該法定相続人の方とお話合いをしていただくことが肝要になります。

    もっとも,多くの場合,遺留分減殺請求権を放棄してもらいたい法定相続人というのは,はっきり言ってしまえば仲が悪い相手か,あるいは法律上の血縁はあるものの,ほとんど会ったこともない疎遠な相手というようなケースでしょう。

    このような場合に,ご本人が当該法定相続人とお話合いをして放棄を取り付けるというのは非常に困難かと思います。

    そんな時は,ぜひ一度弁護士にご相談いただければと思います。

    弁護士は交渉事のプロですので,その様な場合にどのようなアプローチをすれば,相手に放棄手続をとってもらえる可能性があるかといことについて,一般の方よりも造詣があります。

    もちろん,どんなケースでも弁護士に頼めば必ず放棄させることが可能というわけではありませんが,少なくとも,ご自身や親しいご家族の皆様だけで悶々と悩まれるよりは,一度ご相談いただいて,放棄してもらえる見込みがありそうかどうかということだけでも明確化した方が,被相続人の方が望まれる相続の実現に向けて前進できることと思います。

    当事務所では,電話相談を含めて遺言・相続関係のご相談を無料でお受けしております(※詳細はこちら)ので,ぜひご利用ください。