ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 不貞相手に対する損害賠償請求(特に婚姻を継続する場合について)
  • 不貞相手に対する損害賠償請求(特に婚姻を継続する場合について)
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    樋口 紗弥

    こんにちは。樋口です。
    今回のブログは、タイトルのとおり、自分の夫(または妻)が不倫をしている場合に、離婚はせずに、その相手に損害賠償請求をする場合について、ご説明します。

    損害賠償請求するには、離婚しなくてはならない?

    夫(または妻)が、不倫をしているようだが、子どもが幼い場合や、経済的な理由等で、離婚は望まないが、不倫の相手方には、慰謝料を請求したい、というご相談を受けることがあります。

    過去の判例は、「婚姻共同生活の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害する場合」には、不法行為が成立すると判示しています。

    不倫相手の行為が、このような権利、利益を侵害していると認められる場合には、不倫相手に対し、損害賠償ができますので、必ずしも離婚することが条件ではありません。
    なお、このような権利または利益を侵害すると認められれば、必ずしも肉体関係がなくても、慰謝料請求が認めらる場合があり、過去の裁判例では、キスだけでも、慰謝料請求を認めています。

    離婚する場合と、離婚しない場合で慰謝料の金額は異なる?

    このように、離婚は、不倫相手への慰謝料請求の条件ではありませんが、離婚の有無は、慰謝料額に影響します。

    慰謝料の算定においては、婚姻期間の長さや、不貞行為の期間、不貞行為の内容や回数等の事情に加え、不貞行為が発覚した後、夫婦関係がどの程度悪化したのかという点も考慮されます。不貞行為が発覚した後に、夫婦関係が破たんし離婚に至った場合と、そのような状況に陥ってない場合では、離婚をした場合の方が、精神的苦痛が大きいだろうと考えられるからです。
    あくまで個人的な意見ですが、離婚せずに不倫相手に慰謝料を請求する場合、不貞行為の立証に成功し、不法行為責任が認められたとしても、良くて100万円程度ではないか、というイメージです。

    円満な婚姻生活を送ってきたところに、配偶者の不倫行為が発覚すると、精神的な衝撃、苦痛は非常に大きく、不倫相手に、何らかの責任を負わせたい、という心境になることもあると思います。
    しかし、不倫相手に慰謝料請求する場合、不貞行為の詳細を確認する作業等が必要になりますし、紛争解決まで長期間要する場合もありますので、夫(または妻)との関係を修復する妨げにもなり得えます。また、不倫相手に配偶者がいる場合(いわゆるダブル不倫の場合)、不倫相手の配偶者から、夫(または妻)に対し、同様の慰謝料請求がなされる場合もあり、家計全体でみると、経済的なメリットがない場合もあります。
    このように、婚姻を継続したまま、不倫の相手方に慰謝料を請求するかどうかは、慎重に判断する必要があると思います。
    不倫問題に限らず、夫婦関係でお悩みの方は、当事務所法律相談をお気軽にご利用ください。