ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 後遺障害等級14級の後遺障害を負った主婦の方の示談金額の上乗せに成功した事例
  • 後遺障害等級14級の後遺障害を負った主婦の方の示談金額の上乗せに成功した事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    30代の主婦で,交通事故で首と右腕を痛め,14級の後遺障害等級が認定された方の代理人として保険会社との示談交渉を担当しました。

    保険会社が被害者本人に提示していたのは,約170万円という金額でしたが,代理人として交渉した結果,約310万円で示談することができました。

    このケースは,通院していた病院が作成した後遺障害診断書がとても充実した内容であり,後遺障害等級がスムーズに認定されたため,交渉も順調に進みました。

    後遺障害等級の認定手続は,主治医の先生に書いていただく後遺障害診断書の充実度によって,認定結果が異なることも珍しくありません。

    その意味でも,通院する際にどこの病院を選ぶのかは,とても大切なことだと痛感します。

    札幌で交通事故に関する弁護士への無料相談をご希望の方は,当事務所の交通事故の法律相談のページをご覧ください。