ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 14級の等級認定がされた後遺障害につき裁判で示談金額の増額に成功した事例
  • 14級の等級認定がされた後遺障害につき裁判で示談金額の増額に成功した事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    このケースは,高校生が交通事故に遭い,上肢の骨折などの傷害を負い,しびれ,痛みなどの神経症状が残ったために,後遺障害等級14級の認定が下りたというケースです。

    保険会社からの当初の示談提案額は,約340万円であり,その後,示談交渉から関与しました。適切な示談金額は400万円以上と計算されるケースでしたが,保険会社は示談金額の上乗せにほとんど応じなかったため,民事訴訟を提起しました。

    大きな争点があるケースではなかったため,裁判の中では,比較的早い段階で裁判所から約500万円の和解金額の提案があり,この金額での和解が成立しました。提訴から解決まで8ヶ月でしたので,比較的スムーズに解決することが出来たと思います。

    このケースのように大きな争点がなく,裁判になったときに認められる賠償額が比較的計算しやすいケースでは,以前は保険会社も示談金額の上乗せにある程度応じることが多く,示談で解決することが出来ましたが,最近は保険会社が示談金額の上乗せに応じることが少なく,裁判まで進まないと適切な解決を得ることができないケースが増えています。

    裁判になればより多額の賠償を命じられる可能性が高いわけですから,保険会社にとっては,示談金額の上乗せに応じてある程度のところで解決するというのが,解決の方法としては一番合理的であることは明らかです。

    しかし,昨今の保険業務の収益悪化のために,会社組織としてはかえってそういった合理的な判断ができなくなっているのかもしれません。

    札幌で交通事故に関する弁護士への無料相談をご希望の方は,当事務所の交通事故の法律相談のページをご覧ください。