ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 通院中断が原因で後遺障害非該当とされた神経症状につき異義申立で14級と認められた事例
  • 通院中断が原因で後遺障害非該当とされた神経症状につき異義申立で14級と認められた事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    先日,交通事故の後遺障害等級の認定結果について,当初は「非該当」だった被害者の方について,不服申立(異義申立)の手続を行った結果,14級の等級が認定されたことがありました。

    その被害者の方は,症状固定までの間に2ヶ月間通院を中断していたことがあり,それが主な理由になって,当初は「非該当」の結果になりました。自賠責保険としては,被害者が通院を中断した理由は,交通事故による怪我が一度は良くなって通院する必要がなくなったのであり,今の痛みは交通事故とは無関係だと考えたわけです。

    しかし,この被害者の方が通院を中断したのは,その間に海外に仕事で出張しており,日本の病院に通おうとしても通うことができなかった状態にあったためでした。そのため,異義申立の手続の中でご本人のパスポートで出国していた期間を明らかにし,海外でもマッサージを受けながら仕事を続けていたことを証明することで,14級の後遺障害等級の認定を得ることができました。

    このように2ヶ月間も通院を中断していたケースで後遺障害等級が認められるケースは稀なことです。私の感覚では1ヶ月以上の中断があると,自賠責保険はなかなか後遺障害等級を認めることはしません。これを何とかしようと思うと民事訴訟の中でそれを争うしかないのですが,このようなケースでは,裁判官も簡単に後遺障害の存在を認めてくれるわけではありません。

    そのため,交通事故の後に通院をするときには,できるだけ中断期間を作らずに,定期的に通院することを心がけることが重要です。お仕事の都合などがあって,こまめな通院が難しいというケースもときどき見受けますが,それでも痛みがあるのであればしっかり通院して,怪我を治すことを優先させるべきでしょう。

    通院をおろそかにして,治療の効果も上がらなかったために,必要以上の痛みが残って,さらに後遺障害も認定されなかったという結果は,何としてでも避けなければなりません。

    札幌で交通事故に関する弁護士への無料相談をご希望の方は,当事務所の交通事故の法律相談のページをご覧ください。