ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故による後遺障害に対する慰謝料について
  • 交通事故による後遺障害に対する慰謝料について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    交通事故により後遺障害が残った場合、(1)逸失利益に対する賠償、(2)精神的被害に対する賠償(慰謝料)が行われます。

    このうち(2)の精神的被害に対する賠償(慰謝料)ですが、保険会社が示談の際に提示してくる額と裁判をした場合に認められる額に大きな差があります。

    後遺障害については、1~14までの等級があり、基本的にはこの等級により金額を算定するのですが、たとえば14級に相当する後遺障害の場合、保険会社が示談の際に提示してくる額は、私の経験上、40~70万円というのがほとんどです。これに対し、裁判をした場合には、100万円を下回ったことは私の経験上ありません。

    このように、この後遺障害の精神的被害に対する賠償(慰謝料)は、保険会社が示談の際に提示してくる額と裁判をした場合に認められる額に大きな差がありますので、後遺障害が残った場合には、保険会社と示談をする前にぜひ一度当事務所までご相談下さい。

    札幌で交通事故に関する弁護士への無料相談をご希望の方は,当事務所の交通事故の法律相談のページをご覧ください。