ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 相続事件における遺産の調査について【相続・遺産分割】
  • 相続事件における遺産の調査について【相続・遺産分割】
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    最近、相続に関する相談が増えてきています。

    ご相談者は、亡くなった方と同居していた、または世話をしていた他の相続人が遺産を隠しているのではないか、または生前に贈与を受けているのではないかとの疑いをお持ちになっている場合があり、その場合、ご依頼を受けた後、遺産について調査を行います。

    亡くなった方の預金については、通帳を見ればお金の流れや残高が分かるのですが、亡くなった方と同居していた、または世話をしていた他の相続人が通帳を保管していることが多く、依頼者は見ることができないため、銀行に対し取引履歴の開示を依頼します。

    相続人の全員の連名による請求でなくても、相続人の一人からの請求で、取引履歴の開示が請求できるという最高裁判決が平成21年1月22日に出て以降、多くの金融機関では相続人であることを示す書類(戸籍等)を示せば取引履歴を開示するようになりましたが、未だに相続人が全員の連名による請求でなければ開示しないという対応をする金融機関もあります。

    先日も、とある信用金庫が、依頼者が取引履歴を請求したのに対し全員の連名による請求でなければ開示しないという対応をしたため、依頼者は自分ではもうどうにもならないと思い、私のところにご依頼がありました。

    なお、ご依頼を受けた後、その信用金庫に取引履歴を請求してみると、あっさり取引履歴を出してきました(だったら最初からそうしてくれればいいのですが・・)。

    取引履歴からは色々な情報があり、それにより隠された遺産がないかどうか推測することができます。

    たとえば、○○生命から保険料の引き落としが毎月あれば、○○生命との間で保険契約があると考えられ、遺産となる保険金があるかもしれません。

    また、年金が毎月多額に入っており、かつ生活費が大きくかかるような事情がなかったにもかかわらず、亡くなった時点でお金がほとんど残っていなければ、亡くなった方と同居していた、または世話をしていた他の相続人が自分の生活費に使っていた可能性が出てきます。

    このような記録の取り寄せとその分析は、弁護士の得意とするところですので、遺産分割に際して、他の相続人が遺産を隠しているのではないかを感じた時は、ぜひお気軽にご相談下さい。

    遺産相続の法律相談については当事務所の遺産相続無料相談ページをご覧ください。