ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故の治療費が打ち切りに。保険会社への対応について。
  • 交通事故の治療費が打ち切りに。保険会社への対応について。
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    当事務所にご連絡をいただいたご相談者の方から頻繁にご質問いただく内容として,

    「保険会社に治療費の補償を打ち切られた(もしくは打ち切られそう)なのだが,受け入れるしかないのでしょうか。」

    というものがあります。

    保険会社が交通事故の治療費を強制的に打ち切ることも

    交通事故でお怪我をされた場合,よほど事故の発生原因について真っ向から意見が食い違っているような事情がない限り,加害者の加入する保険会社が直接医療機関に対して治療費の実費を支払う手続をとり,被害者は立替払いの必要がないようにするのが一般的です。

    ところが,保険会社は,当該事故による受傷に対して不必要に長期間の治療を認めるわけにはいかない(支払う必要のない治療費まで支払いたくない)という立場から,一定の期間が経過した際に,被害者がまだ通院の継続を希望しているにもかかわらず,一方的に治療費の補償を打ち切るということがあります。

    保険会社の治療費補償は,被害者が通院を希望する限り無限に継続しなければならないというものではないため,このような一方的な対応をしたとしても,保険会社の対応が違法とされるわけではありません。

    そのため,被害者本人のみならず主治医が医学的な観点から判断しても,まだ治療は必要であると判断されるようなケースであるにもかかわらず,なおも保険会社は治療費償の打切りを強行しようとすることがあります。

    このような場合,主治医から保険会社に連絡をしてもらい,医学的な治療の必要性を説明してもらうことで,保険会社が治療費の補償を継続する場合もありますが,問答無用で打ち切ってくるケースも珍しくはありません。

    治療費打ち切りでもすぐにあきらめる必要はありません!

    では,そうした場合,被害者はおとなしく保険会社の意向に従って,それ以上の治療継続は諦めるか,もしくは完全に自腹で通院するしかないのでしょうか。

    結論としては,必ずしも諦めたり,自腹を切らざるを得ないわけではありません。

    一旦はご自身の健康保険により立替払いをしていただく必要はありますが,医学的な観点から事故との関係性が認められれば,事後的に立替分(自己負担分)の補償を受けることができます。

    特に,自賠責保険に対して直接請求をすることで,自賠責調査事務所という調査機関が,治療費補償の打切り以降の治療についても事故と関係性があるといえるかどうかを判断してもらうことができ,自賠責によって関係性が認められると,大抵の保険会社はその部分の補償についても応じてきます。

    (※多くのケースでは,加害者の加入する任意保険会社が,自賠責保険の補償分も合わせてまとめて対応するのが一般的なのですが,任意保険会社を通さずに,被害者から直接自賠責保険に対して法令の基準に則った賠償を請求することも可能となっています。)

    少し専門的な話になってしまいましたが,要は,治療費の補償を一方的に打ち切られたとしても,すぐにあきらめる必要はないということです。

    慰謝料も通院期間・治療費に応じた金額に

    ちなみに,打切り後の通院は,治療費のこともそうなのですが,慰謝料にも大きく関係してきます。

    というのも,事故に関する最終的な賠償において,お怪我に関する慰謝料を算定するにあたっては,通院期間や通院日数が基本的な基準とされています。

    そのため,通院期間が長ければ長いほど(通院日数が多ければ多いほど),慰謝料の金額もそれに応じて大きなものとなりますので,一方的に打ち切られた時点を治療の終了時点とした場合と,その後も通院を継続した場合とでは,慰謝料の金額にも差が出てくるということになるのです。

    以上のように,治療補償を打ち切られた際には,その後の対応をどうするかによって補償内容が大きく変わることがありえます。

    当事務所では交通事故無料相談を実施しています

    交通事故に関するご相談は,お電話でも無料で受け付けておりますので,まだ治療継続の必要性があると思われるにもかかわらず,保険会社から一方的に治療費の補償を打ち切られるという事態が生じた場合には,お気軽に交通事故無料相談を実施しております当事務所までご連絡ください。