交通事故

  • 【交通事故】保険料増額は,損害といえるか?
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    任意保険の保険料が増額しました。例1)追突事故(当方0:相手方100)にあい,車両の修理が必要となりました。相手方が任意保険に加入しておらず,すぐに修理費を出してくれなかったため,自分の車両保険を利用して修理しました。車両保険を利用したために,翌年からの保険料が上がると言われてい...
  • 【交通事故】人身事故を物損事故扱いにした場合のリスク
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    生活がかかっているので,物損事故扱いにしてもらないでしょうか加害者からのこのような申出により,人身事故であったにもかかわらず,物損事故扱いにしているというケースがときどきあります。どうして物損事故扱いにしたいのか?加害者にとっての人身事故扱いとなる最大のデメリットは,自動車運転過...
  • 交通事故の治療のための有給休暇-休業損害は請求できる?
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。皆さん有給休暇は取得(消化)していますか。交通事故に遭って、怪我の治療のために仕事を休んで病院に行かなければならないという時に、有給休暇がまだ余っているから、この機会に使ってしまおうという方もおられると思います。有給休...
  • 【交通事故】主婦休損について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    主婦休損の現在の一般的な理解過去のブログ(交通事故損害賠償における主婦の休業損害について)でもご紹介したように,主婦休損=主婦の休業損害については,賃金センサスの女子の平均賃金を基礎として損害額を算定する扱いが定着しています。いわゆる兼業主婦の場合,現実収入が平均賃金を超えるとき...
  • 【交通事故】頚椎椎間板ヘルニアで12級の後遺障害等級が認められたケース
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    交通事故により頚椎椎間板ヘルニアを発症したケースで,異議申立の結果,後遺障害等級12級が認められました。このケースでは,交通事故後から発生した頚部痛や左腕のしびれが症状固定後も残存し,その発生原因として,頚椎椎間板ヘルニアの診断を受けていました。しかし,自賠責保険による当初の認定...
  • 【交通事故】物損~経済的全損・車両時価額について~
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    物損についてご相談に来られる方には,愛着ある車両の修理を希望しながらも,保険会社から,経済的全損であり事故当時の車両時価額しか賠償できないと提案されている方も多いです。◎経済的全損とは?経済的全損とは,修理費が事故当時の車両価格及び買替諸費用の合計額を上回る場合を指しますが,この...
  • 【交通事故】人身傷害補償保険受領後に過失相殺が問題なる場合の注意点
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    被害者なのに自分の保険を使って治療費等の支払をしなければならなくなることがあります交通事故の被害に遭って人身損害が発生した場合,多くのケースでは事故の加害者の契約する任意保険が治療費や休業損害等の支払を対応することになります。しかし,加害者自身が事故の内容を認めなかったり,争って...
  • 交通事故 物損~評価損について~
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    交通事故により車両が損傷を受けた場合,修理をしても,機能や外観に欠陥が残存したり,事故歴があること自体によって中古車取引市場での価格が低下することがあります。このように事故前の車両価格と修理後の車両価格に生じた差額を評価損と呼んでいます。新車で事故にあった場合,ローンで購入した憧...
  • 解決事例(交通事故) 交通事故によるTFCC損傷につき当初後遺障害14級とされたものが異議申立で後遺障害12級が認定された事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。今回は、交通事故の解決事例のご紹介です。TFCC損傷で14級の認定この件の依頼者は交通事故によるTFCC損傷について治療を受けていましたが、保険会社は交通事故との因果関係が明らかではないとして治療費の支払いを拒否してい...
  • 交通事故 物損~代車料について~
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    交通事故により車両が損傷を受け,修理や買替えまでの間,代車を利用したことはありませんか?代車を利用するために要した費用を代車料と呼んでいますが,相手方に対し代車料を請求できるのは,どのような場合でしょうか。代車料を相手方に請求するためには,①代車を使用したこと及び②代車を使用する...