解決実績・事例

  •  > 
  •  > 
  • 浮気(不貞行為)の慰謝料について高額な請求を相当な金額に減額した事例
  • 女

    浮気(不貞行為)の慰謝料について高額な請求を相当な金額に減額した事例

    依頼者は、妻子ある方と浮気(不貞行為)を行った女性であり、浮気(不貞行為)を行ったこと自体は認めていました。
    浮気(不貞行為)の被害者である妻の代理人弁護士から依頼者に対し300万円の賠償請求がされ、当事務所に相談がありました。

    弁護士としての活動内容

    過去の裁判例などを根拠に、相手方弁護士に300万円は慰謝料として高額すぎることを主張しましたが、相手方は金額を下げることをせず、訴訟を起こしてきました。
    訴訟においては、浮気(不貞行為)により賠償義務があることは認めつつ、相手方が300万円の慰謝料額と算定した根拠として主張する事実について、丁寧に反論を行いました。

    解決結果

    当方の反論が認められ、慰謝料について相手方の主張する金額の約半分を相当とする内容の判決が下されました。