交通事故

  • 男

    自賠責保険が14級の認定をしたTFCC損傷につき裁判で12級が認められた事例

    本件の依頼者は,交通事故の結果,TFCC損傷(手首の三角線維軟骨複合体の損傷)を発症させるという被害を受けた方でした。

    この方は,治療期間中の保険会社の対応が悪く,保険会社との対応のために弁護士への依頼が必要とお考えになり,法律相談にいらっしゃいました。

    法律相談の結果,弁護士による保険会社との対応が必要であることはもちろん,手首のTFCC損傷の診断を受けられていて,今後はその後遺障害等級の認定についても弁護士のサポートが必要なケースであることがわかりました。

    この方は弁護士費用特約に加入されており,弁護士費用の心配が不要でした。弁護士関与が必要であるという認識も一致したため,私たちが受任することになりました。

    弁護士としての活動内容

    受任当初は,保険会社との対応を行ない,症状固定後から後遺障害等級認定の申請を行ないましたが,認定結果は14級でした。

    しかし,この方はTFCC損傷になったことにより,手首の激しい痛みに恒常的に悩まされており,日常生活に多大な支障が出ており,14級の後遺障害認定では適切な評価とはいえないケースでした。

    このような神経症状に関する後遺障害等級の12級と14級の違いは,他覚所見の有無にあるといわれていますが,自賠責保険の後遺障害等級認定の基準では,TFCC損傷のような人体の軟部組織の損傷については,例えMRI画像のような他覚所見で確認できたとしても12級の認定が得られることはまずありません。

    そのため,この認定結果を覆すためには,訴訟提起をして,裁判所に12級相当の後遺障害であると認めさせる必要がありました。

    私たちは,裁判に備えるために,協力医の整形外科の医師にこの方のTFCC損傷についての意見書を作成いただきました。この意見書は,整形外科の専門知識を必ずしも有しているわけではない裁判官が読んでもしっかり理解できるものにしなければなりませんので,私たちと協力医の医師が十分に協議の上で内容を完成させていきました。

    訴訟提起後は,保険会社の顧問医からの意見書も提出されましたが,TFCC損傷の他覚所見自体は否定できないケースであったため,裁判官に対する説得力という点では不十分に内容の意見書であり,裁判官にも私たちの主張に理解を示していただくことができました。

    解決結果

    最終的には裁判の中で和解協議の場が設けられ,裁判所からはTFCC損傷を12級相当の後遺障害と認めることを前提に,加害者側が860万円を支払うという内容の和解案が示されました。

    12級相当の後遺障害であることを認めさせるという当初の目的は達成されたため,裁判所の和解案を受け入れ,解決に至りました。

    後遺障害等級認定を含む交通事故損害賠償の問題については当事務所の交通事故無料相談にてご相談ください。