お知らせ

  •  > 
  • お知らせ
  • 交通事故無料相談のデジタルサイネージ広告を出稿しております

    堀江・大崎・綱森法律事務所では,札幌市内の病院・医療機関,スーパー銭湯,美容室等の待合いスペースに設置されたディスプレイに,交通事故の無料相談に関するデジタルサイネージ(電子看板)広告を出稿しております。

    cm1.jpg

    当事務所では交通事故の損害賠償に関する面談・電話・メールによる無料相談を実施しており,デジタルサイネージ広告をご覧になってお問い合わせ頂きました方からのご相談を広く承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 横山尚幸弁護士が当事務所に加入いたしました

    堀江・大崎・綱森法律事務所は,この度,横山尚幸弁護士を新たに事務所の一員として迎え入れることになりました。横山弁護士は,函館市で生まれ,旭川市で育った後,北海道大学法学部卒業,北海道大学法科大学院修了を経て,2013年12月に第66期司法修習を修了して札幌で弁護士登録をした新進気鋭の弁護士であり,法科大学院在学中から特に労働法分野での知識の研鑽に努めています。

    横山弁護士の加入により,当事務所は弁護士6名の規模の法律事務所になります。当事務所としては,これを機にみなさまにより一層充実した法的サービスを提供できるよう努めて参りますので,今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 2013年12月28日〜2014年1月5日年末年始休業のお知らせ

    堀江・大崎・綱森法律事務所の2013年の営業は12月27日(金曜日)までとなります。2013年12月28日(土曜日)から2014年1月5日(日曜日)までは年末年始休業とさせて頂きます。新年の営業は1月6日(月曜日)から開始いたします。

    みなさまにはご迷惑,ご不便をお掛けいたしますが何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

  • 早坂悟郎弁護士が「平成25年度地域生活定着支援事業推進会議inあさひかわ」にゲストスピーカーとして登壇しました

    ※早坂悟郎弁護士は平成27年10月12日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    当事務所の早坂悟郎弁護士が,2013年11月27日(水)に旭川市大雪クリスタルホール国際会議場大会議室で開催された「平成25年度地域生活定着支援事業推進会議inあさひかわ」にゲストスピーカーとして登壇し,親族より虐待を受けていた高齢受刑者の社会復帰後の虐待対応支援事例についてインタビューを受け,コメントしました。

    「平成25年度地域生活定着支援事業推進会議inあさひかわ」の概要は以下のとおりです。

    主催 社会福祉法人 北海道社会福祉協議会 北海道地域生活定着支援札幌センター
    後援 法務省 旭川保護観察所
    内容 1.説明:地域生活定着支援事業について
    ・ VTR上映:福祉の支援が必要な刑務所入所者の現状と地域生活定着支援センターの活動を紹介。
    ・ 説明:地域生活定着支援センターの支援の流れについて
    2.研究協議:地域生活定着支援事業における関係機関連携の実際と諸課題について
     定着支援センターの支援事例をもとに、受入先の調整、サービス利用の準備、関係機関との連携、直面する課題等についてゲストスピーカー、参加者と協議。
  • 綱森史泰弁護士がNHK札幌のテレビ番組「つながる@きたカフェ」に出演致しました

    2013年11月5日,NHK札幌放送局の「つながる@きたカフェ」(午前11:30~午後0時)の「法律Q&A」のコーナーに,当事務所の綱森史泰弁護士が出演し,「自転車事故の賠償責任」について解説いたしました。

    放送概要についてはNHK札幌のウェブサイトに掲載されておりますので,ご参照下さい。