任意整理による債務(借金)の減額

こちらのページでは、堀江・大崎・綱森法律事務所の弁護士が、債務整理に関するよくある質問について解説しております。
債務整理に関するご相談については、債務整理の無料相談のページもご覧ください。

任意整理をすると債務(借金)はどれくらい減りますか?

自己破産や個人再生が法律に基づいて裁判所の審査を得て債務(借金)を整理する手続であり、債権者の同意を得ること無く債務(借金)の利息や遅延損害金だけでなく元金をカットすることが可能です。
これに対し、任意整理は、あくまで個々の債権者と交渉をして債務(借金)の軽減について合意を得る手続であるため、債権者の同意がなければ元金どころか利息や遅延損害金のカットもできません。
現状、一括払いでもしない限り、元金のカットに応じてくれる債権者はほとんどいません。
利息・遅延損害金については、大半の債権者は、任意整理の交渉が始まるまでに発生した利息・遅延損害金と任意整理の交渉が始まって以降の利息のカットに応じてくれます。
しかし、任意整理の交渉が始まって以降の利息のカットには応じてくれても、任意整理の交渉が始まるまでに発生した利息・遅延損害金のカットには応じてくれない債権者も何社か存在します。債務(借金)の返済が滞って数年経っているというような場合、任意整理の交渉が始まるまでに発生した利息・遅延損害金はかなりの額となるため、任意整理以外の手続を選択した方が良い場合もあります。