自己破産による債務(借金)の減額

こちらのページでは、堀江・大崎・綱森法律事務所の弁護士が、債務整理に関するよくある質問について解説しております。
債務整理に関するご相談については、債務整理の無料相談のページもご覧ください。

自己破産をすると債務(借金)はどれくらい減りますか?

債務自体は自己破産の申立と同時に行う免責申立に基づき、裁判所から免責という決定がなされれば、債務は全額カットされます。
ただし、破産時点で持っている資産については、債務の返済に充てる必要があります。
とはいえ、持っている資産を1円たりとも残さずに債務の返済に充てなければならないわけではありません。
現在の札幌地裁の運用では、総額で50万円を超えなければ、財産を手元に残したまま破産手続ができるものとしています。ですので、たとえば現金5万円、預金10万円、自動車(査定額20万円)という財産を持っている場合、総額で35万円なので、これらを債務の返済に充てることなく手元に残したまま破産手続ができます。