弁護士費用

  •  > 
  • 弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士にご依頼される場合の弁護士費用には、大きく分けて弁護士報酬(着手金・報酬金、手数料等)と実費があります。
主な弁護士費用については、以下のとおりです。

着手金・報酬金

裁判や調停、交渉などの事件をご依頼される場合には、着手金と報酬金の方式により弁護士報酬をお支払いいただきます。
着手金は、結果の成功・不成功にかかわらず、弁護士が裁判や調停、交渉などの事件の処理を進める対価として、ご依頼時にお支払いいただく弁護士報酬です。

報酬金(成功報酬)は、結果の成功の程度に応じて、事件の終了時にお支払いいただく弁護士報酬です。
着手金・報酬金の金額は、事件の種類、事件の経済的な規模(請求金額)、事件の難易度等に基づいて決定します。

手数料

契約書や遺言書の作成など1回限りの作業で終了する事件や手続については、着手金・報酬金の方式によらず、ご依頼の際に手数料として一定額の弁護士報酬をお支払い頂きます。

実費

事件の処理を進める際には、弁護士報酬の他に、裁判所に納める申立手数料(印紙代)・予納金、各種証明書の取得費、印刷・謄写費、郵送・通信費、交通費、宿泊費などの実費をご負担いただきます。

事件毎の弁護士費用の目安

主な事件毎の弁護士費用の目安は以下のとおりです。

ご相談の事件についての具体的な弁護士費用の額については、ご依頼をお受けする前に担当弁護士から明確に説明いたしますので、ご相談の際にお問い合わせください。

また、以下に記載されている以外にも取り扱いできる事件がございますので、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

個人の方のご相談

債務整理

任意整理
着手金
債権者1社あたり29,000円(消費税別途)
報酬金
0円(減額報酬なし)
自己破産
着手金
190,000円(消費税別途)(事業者破産・管財事件を除く)
報酬金
0円
その他実績
申立印紙代:1,500円 / 裁判所予納金:10,584円(個人・同時廃止の場合)
個人再生
着手金
290,000円(消費税別途)
報酬金
0円
その他実績
申立印紙代:10,000円 / 裁判所予納金:12,268円
過払い金請求
着手金
裁判手続が必要な場合1件あたり20,000円(消費税別途)
報酬金
回収額の20%(消費税別途)

交通事故

費用については詳細ページをご覧ください。

労働問題

着手金
200,000円~請求額に応じて2%~8%の金額(消費税別途)
報酬金
得られた金額(経済的利益)に応じて4%~16%の金額(消費税別途)

医療過誤

費用については詳細ページをご覧ください。

離婚

交渉・調停・訴訟
着手金
200,000円~300,000円(消費税別途)
報酬金
200,000円~300,000円(経済的利益が生ずる場合には別途経済的利益の額に応じた報酬額がかかります)(消費税別途)

相続・遺産分割

着手金
100,000円~請求額に応じて2%~8%の金額(消費税別途)
報酬金
取得した遺産の評価額に応じて2~10%の金額(消費税別途)

会社・事業者の方のご相談

顧問契約

顧問料
20,000円~50,000円(消費税別途)

労働問題

着手金
200,000円~請求額に応じて2%~8%の金額(消費税別途)
報酬金
得られた金額(経済的利益)に応じて4%~16%の金額(消費税別途)

債権回収

着手金
50,000円~請求額に応じて2%~8%の金額(消費税別途)
報酬金
得られた金額(経済的利益)に応じて4%~16%の金額(消費税別途)

会社整理

破産申立
着手金
300,000円~(消費税別途)
報酬金
通常はいただいておりません。
民事再生申立
着手金
500,000円~(消費税別途)
報酬金
500,000円~(消費税別途)
事業譲渡(営業譲渡)
着手金
200,000円~(消費税別途)
報酬金
200,000円~(消費税別途)

示談・訴訟対応

着手金
200,000円~請求額に応じて2%~8%の金額(消費税別途)
報酬金
得られた金額(経済的利益)に応じて4%~16%の金額(消費税別途)

その他

その他

お問い合わせください。