お知らせ

  •  > 
  • お知らせ
  • 第67期司法修習生の弁護実務修習を受け入れました

    堀江・大崎・綱森法律事務所では,2014年6月から7月の2か月間,第67期司法修習生1名の弁護実務修習を受け入れました(指導担当弁護士:弁護士大崎康二)。

    現行の制度では,法曹(裁判官・検察官・弁護士)になるためには,司法試験に合格した後,1年間の司法修習を終了する必要があります。弁護実務修習は,司法修習の一部をなすものであり,司法修習生は,指導担当弁護士の指導の下,2か月間,法律事務所で弁護士としての実務を学ぶこととされています

    当事務所での司法修習生の弁護実務修習生の受け入れは,今回が初めてのこととなります。

  • 北海学園大学法科大学院生のエクスターンシップを受け入れました(2014年度)

    堀江・大崎・綱森法律事務所では,2014年8月25日から29日までの5日間,北海学園大学法科大学院生1名のエクスターンシップを受け入れました。

    エクスターンシップは,法科大学院(ロースクール)のカリキュラムの一つであり,学生が研修先となる法律事務所に赴き,弁護士の指導の下で法律実務について学ぶものです。当事務所はエクスターンシップの受入機関として,これまでに北海道大学法科大学院・北海学園大学法科大学院から合計4名のロースクール生を受け入れています。

  • 2014年8月13日~15日事務所夏期休業のお知らせ

    当事務所は,2014年8月13日(水)から15日(金)まで夏期休業とさせていただきます。8月18日(月)からは通常どおり営業いたします。

    みなさまにはご迷惑をお掛けいたしますが,なにとぞご容赦のほどお願い申し上げます。

  • 大崎康二弁護士が関与しているB型肝炎訴訟に関する記事が北海道新聞道北版に掲載されました

    2014年6月24日の北海道新聞道北版27面に「B型肝炎訴訟」に関する道北での説明会開催の記事が掲載されました。

    当事務所の大崎康二弁護士は,全国B型肝炎訴訟北海道弁護団に所属しており,上記の記事では大崎弁護士の写真が紙面に掲載されております。

    全国B型肝炎訴訟北海道弁護団の活動については,全国B型肝炎訴訟北海道弁護団のウェブサイトもご覧下さい。

  • 綱森史泰弁護士が2014年6月22日放送のHBCラジオ「ビジネス・ネットワーク」に出演致しました

    2014年6月22日放送のHBCラジオ「ビジネス・ネットワーク」に,当事務所の綱森史泰弁護士が札幌弁護士会法教育委員会副委員長として出演し,2014年7月25日開催の北海道弁護士会連合会定期大会記念シンポジウム 「『法教育のチカラ』~次世代の可能性を拓く」について広報致しました。

    放送概要については札幌弁護士会の広報ウェブサイトウココロWEBに掲載されておりますので,ご参照下さい。