個人再生による債務(借金)の減額

こちらのページでは、堀江・大崎・綱森法律事務所の弁護士が、債務整理に関するよくある質問について解説しております。
債務整理に関するご相談については、債務整理の無料相談のページもご覧ください。

個人再生をすると債務(借金)はどれくらい減りますか?

個人再生手続(小規模個人再生手続)でどの程度の債務(借金)がカットされるかは、原則として債務の総額により決まります。

例えば、債務の総額が500万円以下である場合は、債務のうち100万円を超える部分がカットされます(債務の総額が100万円以下である場合には減額はありません。)。また、債務の総額が500万円~1500万円である場合は債務額の80%がカットされます。
ただし、保有している資産の額が100万円以上である場合、資産の額によって返済総額が決まるため、カットされる債務額が上記よりも少なくなることがあります。

カットされた後の債務(借金)については、原則として3年間(36回払い)で分割して返済することになりますが、たとえば子供の学費や病気の治療費などの支払いがあり3年間では返済できないといった特別な事情がある場合には、返済の期間を4年間や5年間とすることができる場合もあります。

詳しくは無料相談(メール・電話・面談)にてお問い合わせ下さい。