ブログ

  • 相続放棄の期限について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。
    今回は、誤解されがちな相続放棄の期限について説明したいと思います。

    相続放棄の期限のスタート時点

    相続放棄の期限について、3ヶ月というのは法律専門家でなくとも比較的知られている話ですが、その3ヶ月とはいつからのことを指すのでしょうか。
    そのためには、相続放棄について書かれた法律の条文にあたってみましょう。

    (相続の承認又は放棄をすべき期間)
    第九百十五条  相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

    よく被相続人が亡くなったときから3ヶ月と誤解されていますが、上記のように正確には「自己のために相続の開始があったことを知った時から」3ヶ月となります。
    通常は、被相続人が亡くなった時点で相続が開始されたことを知るので、スタート時点は同じなのですが、たとえば被相続人とは疎遠になっていたような場合などは、被相続人が亡くなってからしばらくして亡くなったことを伝え聞くこともあります。
    その場合は、被相続人が亡くなった日ではなく、亡くなったことを知った時点からスタートすることになります。

    子供が全員相続放棄したら?

    また、被相続人の子供が全員相続放棄を行った場合、今度は被相続人の親が相続人となります。親も既に亡くなっている場合は、被相続人の兄弟が相続人となります(以上につき民法939条、887条、889条)。
    このような場合は、自分より先に相続人になるべき人(被相続人の親からすれば被相続人の子、被相続人の兄弟からすれば被相続人の子と親)が相続放棄をしたことを知った日からとなります。
    被相続人のお子様から相続放棄の手続のご依頼を受ける場合、「費用はこちらで用意するので次に相続人となる被相続人の親や兄弟の相続放棄の手続もやって欲しい」と言われることがよくあります。
    そのような場合、お子様の相続放棄の手続が完了次第、次に相続人となるべき親や兄弟の方に対し、お手紙をお送りして、相続が開始されたことや委任状を送って頂ければこちらで放棄の手続を取ることなどをお伝えしています。

    相続・遺産分割に関するご相談について、当事務所では無料で対応しておりますので、相続放棄についてもお気軽にご相談下さい。