ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 解決事例(遺産相続) 先妻の子からの分割要求額を適正額に抑えた事例
  • 解決事例(遺産相続) 先妻の子からの分割要求額を適正額に抑えた事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。
    今回は、遺産相続(遺産分割)の解決事例のご紹介です。

    遺産分割で多い後妻と先妻の子との間での揉め事

    遺産分割の際、後妻と先妻の子らとの間で揉め事になることが多く、本件では後妻である依頼者が葬儀後に先妻の子から遺産の分割要求を受け、その段階で当事務所に相談に来られました。

    問題となったのは後妻が亡くなった夫と住んでいた土地・建物の評価額

    遺産は被相続人と依頼者が住んでいた土地・建物のみでしたが、依頼者は今後も住み続けることを希望していたため、相手方には不動産の価値に応じた金額を支払う形で解決を目指しました。
    相手方も不動産自体を相続することは希望していなかったため、方向性は一致していましたが、金額面では数百万の開きがありました。
    相手方は、依頼者が退居して空き家になった上で売却できた場合の価格を主張しましたが、当方は、依頼者が今度も特に使用料を払うことなく住み続けることを前提に売却した場合の価格を主張しました。
    当方の主張の場合、第三者が不動産を買っても自分で住めないし、賃料ももらえないので依頼者が退居するまでは無価値の物件ということになります。
    当方としては、金額面で合意できなければ、相手方との間で不動産を共有するという方向でも問題なかったのに対し、相手方としては不動産を共有で取得しても何の得もない状態(共有持分の売却は困難であるし、依頼者から賃料をもらえるわけでもないため)でした。
    この状況を踏まえて、相手方と粘り強く交渉を行い、最終的に依頼者が納得できる金額での支払で相手方と合意することができました。

    遺産相続(遺産分割)においては、不動産の価値をどのように算定するかで大きく結果が変わってくることが珍しくありません。
    遺産相続(遺産分割)で揉めていて、その中に不動産が含まれているという場合は、ぜひ当事務所の遺産相続(遺産分割)無料相談をご利用下さい。