ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 解決事例(交通事故) 交通事故によるTFCC損傷につき当初後遺障害14級とされたものが異議申立で後遺障害12級が認定された事例
  • 解決事例(交通事故) 交通事故によるTFCC損傷につき当初後遺障害14級とされたものが異議申立で後遺障害12級が認定された事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。
    今回は、交通事故の解決事例のご紹介です。

    TFCC損傷で14級の認定

    この件の依頼者は交通事故によるTFCC損傷について治療を受けていましたが、保険会社は交通事故との因果関係が明らかではないとして治療費の支払いを拒否していました。
    TFCC損傷は、自賠責保険に後遺障害の認定申請を行っても、そもそも後遺障害として認められないことが多いのですが、治療状況や症状経過を踏まえ、14級に該当するものと認定を受けました。
    14級は、MRI検査などでも痛み等の症状を裏付ける患部の異常は見られないものの、痛み等が発生することについて医学的には説明可能なものが該当します。

    医師の意見書を付けて異義申立

    しかし、症状固定と診断された後も、症状は固定せず、痛みが酷くなったことから改めて診察を受け、MRI検査を行ったところ患部の膨脹がみられました。
    そのため、痛み等の症状を裏付ける患部の異常が確認できるものとして、より上位の等級に該当する可能性があると考え異議申立を行いました。
    異議申立を行うにあたり、MRI検査の結果だけでなく、その検査結果からTFCC損傷であると判断されるという医師の意見が必要であると考え、MRI画像を見て医師が意見書を作成してくれる会社を利用し、意見書を取り付けました。
    なお、意見書作成には10万円程度かかりましたが、依頼者は弁護士費用特約を自動車保険に付けていたため、作成費用は保険会社に出してもらうことができました。

    認定が14級から12級に

    異議申立から結果が出るまで3ヶ月ほど要しましたが、MRI検査の結果を踏まえ、痛み等の症状を裏付ける患部の異常が確認できるものとして、TFCC損傷による後遺障害の等級が14級から12級へと変更されました。
    14級から12級となった結果、後遺障害慰謝料も後遺障害逸失利益も大幅にアップし、納得のいく示談を行うことができました。

    後遺障害の認定結果に不満があればご相談を

    本件のように、十分な資料を用意して異議申立を行うことで、自賠責の認定結果を覆すことができる場合があります。
    自賠責の後遺障害の認定結果に不満がある場合、ぜひ当事務所の無料電話・メール相談にて相談してみて下さい。