ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 【交通事故】頚椎椎間板ヘルニアで12級の後遺障害等級が認められたケース
  • 【交通事故】頚椎椎間板ヘルニアで12級の後遺障害等級が認められたケース
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    交通事故により頚椎椎間板ヘルニアを発症したケースで,異議申立の結果,後遺障害等級12級が認められました。

    このケースでは,交通事故後から発生した頚部痛や左腕のしびれが症状固定後も残存し,その発生原因として,頚椎椎間板ヘルニアの診断を受けていました。しかし,自賠責保険による当初の認定結果は「非該当」の結果,つまり後遺障害には該当しないという認定結果でした。

    神経症状についての後遺障害等級の認定

    一般的に,しびれや疼痛などの神経症状が残存した場合の後遺障害等級については,神経症状の残存が医学的に「説明可能」なものが後遺障害等級14級9号の「局部に強固な神経症状を残すもの」に,医学的に「証明可能」なものが後遺障害等級12級13号の「局部に頑固な神経症状が残存するもの」に該当するとされています。

    ここで,医学的に「証明可能」というのは,画像検査の結果などの「他覚所見」によって神経症状の原因が確認できる状態をいうとされているため,後遺障害等級の認定のためには,他覚所見の有無が重視される傾向があります。

    また,特に自賠責保険による後遺障害等級の認定手続では,治療状況や症状経過の中身も重視される傾向にあり,治療期間中の通院頻度が低かったり,通院が不規則であったりすると,将来的にも回復困難な障害とはいえないとして,「非該当」とされることも多くあります。

    「非該当」の理由は・・・

    このケースで,自賠責保険が「非該当」と判断した理由は,⑴画像所見と整合する神経学的な異常所見の存在が認められないという点と,⑵治療状況や症状経過に照らすと,将来的にも回復困難な障害とは認められないという点の2点にありました。

    しかし,医療記録を細かに検討していくと,⑴の点については,MRI画像上は,頚椎椎間板ヘルニアの存在は明らかですし,ジャクソン・スパーリングテストなどの神経学的検査上も,左上腕部にしびれや放散痛などの神経症状の発症が確認できることから,むしろ画像所見に整合する神経学的な異常所見が認められやすいケースと考えられました。

    また,⑵の点についても,たしかに通院頻度は必ずしも高かったわけではありませんが,それは被害者が生計を維持する上で,治療よりも仕事を優先する必要があり,通院のための時間を十分に確保できなかったためであり,症状が軽いために通院の必要性が低かったというケースとは事情を異にしていました。

    「非該当」から12級13号へ

    当初の自賠責保険における「非該当」という認定結果は,このような点の検討が不十分であったことが原因と考えられましたし,私としても後遺障害診断書等の記載内容からは,12級の認定が得られてよいケースと考えていたため,依頼者と協議の結果,自賠責保険に異議申立てをすることにしました。

    異議申立ての中では,⑴については,自賠責保険に未検討と考えられた医療記録を追加で提出し,その記載内容から被害者の神経学的な異常所見の存在が医学的にどのように裏付けられるのかを説明し,また,⑵については,被害者の生活状況,就労状況など,これも自賠責保険が把握していないであろう事情を説明することで,当初の認定結果に対する反論を組み立てました。

    このような異議申立ての結果,自賠責保険から審査結果の通知があり,無事に12級13号の認定を得ることができました。

    諦めずにご相談を

    自賠責保険の後遺障害等級の認定手続では,椎間板ヘルニアのケースについては,当初は14級9号か非該当の認定結果となることが多いと感じています。被害者としてその時点で諦めて,当初の認定結果を前提に示談交渉を進めるケースも多いと思いますが,実際には丁寧に反論を組み立てることでその認定結果を覆すことができるケースもあります。

    堀江・大崎・綱森法律事務所では,後遺障害等級認定の異議申立てにも積極的に取り組んでいます。当初の認定結果を見ただけで諦めず,是非一度ご相談ください。

    交通事故の無料相談>へ