ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故被害に遭った場合の弁護士費用特約の利用について
  • 交通事故被害に遭った場合の弁護士費用特約の利用について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    先日,自動車保険の弁護士費用特約について,加入件数の伸びに比べて,利用実績は伸びていないというニュースが配信されていました。

    記事の中では,いざ事故に遭っても裁判沙汰までは望まないからではないかという分析もされていますが,実際には弁護士費用特約に加入していることを知らないか,どういう場面で使ってよいのかがわからないというケースが大半なのではないかと思います。

    保険代理人にもいろいろな代理店があって,契約者が交通事故の被害で困っているという場合には,弁護士費用特約の積極的な利用をアドバイスする良心的な代理店もあれば,契約者から弁護士費用特約を使えるか質問されるまでは何もアドバイスをしないという代理店もありますし,中には代理店も弁護士費用特約に加入していることを知らないというケースもあります。

    その意味では,事故に遭った場合は,まず,自分の保険契約の中身をしっかり見直してみるということが重要になると言えそうです。

    弁護士費用特約は,これだけを利用しても保険の等級は下がりません。ただし,被害者側にも過失があり,加害者に対して損害賠償義務を負うときに,その賠償金の支払に保険を使った場合には,保険等級が下がります。

    また,裁判になる前の段階で,示談交渉だけを弁護士に依頼したいという場合にも弁護士費用特約を利用することができます。つまり,裁判沙汰を望まない場合にも,弁護士費用特約を利用することができるということです。

    弁護士費用特約を利用する場合に依頼する弁護士は,自分の契約している保険会社から紹介してもらうこともできますし,自分で捜してきた弁護士に依頼することもできます。

    どちらの弁護士がいいということは一概には言えないと思いますが,いずれにしてもこちらの話をしっかり聞いてくれて,明確な方針を立てて解決に向かってくれる弁護士を依頼することが大事です。

    本当は弁護士費用特約が使えるのに,それを知らないで泣き寝入りしているケースも多いと思います。ご自分の保険契約を見直してみて,弁護士費用特約に加入されている場合には,是非,弁護士費用特約が積極的に利用されることをお勧めします。

    札幌で交通事故に関する弁護士への無料相談をご希望の方は,当事務所の交通事故の法律相談のページをご覧ください。