ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故によるヘルニアの後遺症認定、自賠責による認定以上の等級へ。
  • 交通事故によるヘルニアの後遺症認定、自賠責による認定以上の等級へ。
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    先日,交通事故で椎間板ヘルニアによる神経症状(しびれや筋力低下)が発生した方の裁判で,自賠責保険の認定以上の後遺障害等級を獲得し,和解で解決したケースがありました。

    このケースでは,自賠責保険からは14級の後遺障害等級の認定が下りていたのですが,医療記録を検討した結果,裁判の中で等級を争うことにより,12級の等級を得られる可能性があると考え,裁判を起こしていました。

    自賠責による後遺障害等級認定の誤判断問題の事例

    自賠責側は12級の後遺障害等級には該当せず14級と判断

    自賠責保険の認定手続では,カルテに記載されている椎間板ヘルニアの症状が一貫していないことや,MRI画像で椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されていることが確認できないことなどを理由に,12級の後遺障害には該当しないと結論付けられていました。

    神経症状についての後遺障害等級認定における14級と12級の最大の違いは,MRIなどの画像で神経症状の原因が確認できるかという点にあるとされているのですが,自賠責保険としては,このケースのMRI画像では神経症状の原因が確認できないと考えたということです。

    協力医への確認により自賠責側の誤判断と考え裁判へ

    しかし,実際には,MRI画像を見た整形外科の協力医によれば,椎間板ヘルニアによる神経の圧迫像が確認できるという回答でしたし,私がMRI画像を見てみても,やはり椎間板ヘルニアによる神経の圧迫像をはっきり確認することができましたので,自賠責保険の判断は間違っている可能性が高いと考え,裁判に踏み切りました。

    裁判により14級の後遺障害等級から12級の等級認定へ

    裁判の中では,相手の保険会社は,自賠責保険と同じ理由を指摘し,14級の後遺障害だと主張をしてきましたが,おそらくは協力医の意見書によって,MRI画像によって椎間板ヘルニアによる神経圧迫像が確認できることがはっきり確認できたことが決め手となって,12級の後遺障害が認められました。

    その結果,裁判所からは1050万円での和解の提案を受けることができ,その後,この金額で和解が成立しました。

    このケースは,裁判を起こさなければ,後遺障害が14級であることを前提に150万円前後の賠償金になっていたはずです。それが裁判を起こし,12級の認定を得ることができたのですから,900万円の上乗せに成功したと言えます。

    自賠責による等級認定の問題点

    認定作業の担当者が医学的な専門知識を有していない

    同じMRI画像を見ているのに,私たちと自賠責保険の見立てが正反対なものになるというのは不思議な気がしますが,この最大の原因は,自賠責保険で後遺障害等級の認定作業を担当している方々が医学的な専門知識を有していないという点にあるのではないかと思います。

    椎間板ヘルニアでの誤判断が問題となるケースが多い

    あくまで保険業務の専門家であり,医学的な専門家ではないにも関わらず,医学的な専門知識が必要となる判断を行っているために,医学的には誤った判断を行うことになってしまうのだと思います。この傾向は,椎間板ヘルニアが問題となるケースでは特に顕著に感じています。

    自賠責による等級認定でお悩みの方は弁護士にご相談を

    自賠責保険の後遺障害等級の認定結果がすべてではありません。特に椎間板ヘルニアのケースについては,弁護士と専門医の適切なサポート受けることができれば,より上位の後遺障害等級を獲得することができるケースは多いはずだと思います。

    札幌で交通事故に関する弁護士への無料相談をご希望の方は,当事務所の交通事故の法律相談のページをご覧ください。