ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 会社破産手続きの流れは?会社破産完了まで社長は就職できない?
  • 会社破産手続きの流れは?会社破産完了まで社長は就職できない?
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    前回の会社破産に関するブログ記事に続き、今回も会社(法人)の破産について、よくあるご質問にお答えしたいと思います。

    なお、会社整理(倒産処理)に関するご案内・弁護士費用等はこちらをご覧下さい。会社整理(倒産処理)に関する法律相談について、当事務所では無料相談を実施しております。

    会社の破産手続はどんな流れで進むのか、どのくらいの時間がかかるのか?

    破産手続を進めるための資料等の準備

    破産手続を進めるためには、まず、裁判所に対してその旨を書面で申し立てることが必要になりますが、その書面には会社にどのような資産があり、また負債がどれだけあって、どのような経緯で破産するに至ったかなどの事項について記載する必要があります。

    また、会社の資産や負債等に関する資料のコピーも数多く提出する必要があります。ざっと挙げると、就業規則・賃金台帳・預金通帳・決算書・所有不動産の登記簿・リース契約書・不動産の賃貸借契約書・保険証券などが必要書類として提出を求められます。

    破産手続開始までにかかる時間

    これらの必要書類を用意して、資産の目録と債権者の一覧を作成するとなると、結構な時間がかかります。

    最短で会社破産の依頼を受けてから1週間程度で破産を裁判所に認めてもらうことは可能ですが、通常2~3週間程度はかかります。

    なお、会社の顧問税理士の協力が得られると、これらの準備が非常にスムーズに進みます。

    事業が継続中の会社の場合

    事業が継続中の会社の場合は、破産をすることが債権者に知られると、債権者が現場に押し寄せて、返済を迫ったり、商品を引き上げたりして大混乱となってしまうため、通常は、債権者はもちろん従業員に対しても破産の準備をしていることを知られないようにしながら上記の準備を進めます。

    そのため、従業員の解雇は破産の手続がスタートする直前に行うことが多いです。

    会社の破産手続が開始した後はどうなるのか?

    会社の財産に関する権限は全て弁護士(破産管財人)へ移る

    裁判所が、破産手続開始決定を行うことで破産の手続がスタートし、それ以降は、会社の財産に関する権限が全て裁判所が選任する弁護士(「破産管財人」といいます)に移ります。

    通常、破産管財人の弁護士は、破産手続の開始後、直ちに会社に赴き、会社が破産した旨と破産管財人の弁護士の氏名・連絡先などを書いた張り紙をしたり、会社の状況を把握するために必要な書類を回収したりします。

    破産管財人による債権者への配当

    そして、破産管財人の弁護士は、会社の資産の内容を把握して、お金に換えられるものはお金に換え、可能であれば債権者への配当を行います。ただし、実際には会社の資産が乏しいために、破産管財人に対する報酬分しか確保できず、債権者への配当にまで至らない場合も多いです。

    破産手続が完了するまで社長は他の仕事をしてはいけない?

    よく、破産手続が完了するまで社長(代表者)は他の仕事をしてはいけないのかと聞かれますが、そのようなことはなく、普通に仕事を始めていただいて問題ありません。ただ、破産手続が始まった直後(1,2ヶ月位)は、破産管財人の弁護士の業務に協力して頂くことことも多く、そのための時間を確保することが必要になる場合もあります。

    たとえば、売掛金の回収をする必要があるという場合、どういう取引先なのか、その取引先に支払能力はあるのかなどの事情について破産管財人は承知しておりませんし、資産の処分をするにしても、処分価格が適正な金額かどうかについては、その業界の人でなければ分からないこともあります。したがって、破産管財人としては、破産会社の社長(代表者)に協力を仰ぐことが必要になります。

    破産手続が始まってからおおむね3ヶ月後位に、裁判所で債権者集会が開かれます。債権者集会は、破産管財人の弁護士が債権者に報告をするための集会ですので、それに向けて社長(代表者)が何か準備をしなければならないということは基本的にはありません。

    破産手続開始から手続きが終わるまでにかかる時間は?

    破産した会社に特に資産が残っていない場合であれば第1回目の債権者集会で破産手続が終わることもありますが、通常は、資産の処分や配当等の手続を完了する必要から、2,3回程度の債権者集会が行われます。債権者集会はおおむね3ヶ月おきに行われることが多いので、破産手続が開始してから手続きが終わるまでには、半年から9ヶ月ほどの期間がかかることになります。