ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故状況(過失割合)に争いがある場合の鑑定利用
  • 交通事故状況(過失割合)に争いがある場合の鑑定利用
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    最近、相手方(保険会社)との間で交通事故状況(過失割合)に争いがある場合、工学鑑定を利用する機会が増えてきました。
     その理由は、交通事故状況(過失割合)に争いがある交通事故が増えたからではありません。
     ご自身の自動車保険に弁護士費用特約を付けているお客様が増えたからです。

    弁護士費用特約では、弁護士に依頼する費用が出るのはもちろんとして、損害を相手方(保険会社)に請求するために必要な調査費用についても出ます(注 保険会社によっては調査費用は含まない場合があります。)。
     鑑定費用は10~30万円ほどかかりますので、自分で出すとなるとやはり躊躇するものです。

    保険会社はお抱えの鑑定士がいますので、事故状況(過失割合)に争いがある場合、鑑定書を出して、自分の主張が正しいことを主張してくることがよくあります。
     鑑定においては高度な物理計算が必要となりますので、専門家の協力を得られなければ、十分な反論ができません。
     そのため、これまでは費用の点がネックとなって十分な反論が出来ないことがよくあり、悔しい思いをしてきたものでした。
     弁護士費用特約の登場により、こちらも鑑定を行うことが容易になり、ようやく相手方(保険会社)と対等な武器を持つことができたのです。

    最近でも、「停車後車を降りて鍵を閉めようとしていたところ、相手方の車が衝突してきて、玉突きで自分の車にあたり怪我をした」という事案があったのですが、相手方(保険会社)は裁判において「衝突速度は低速であり、玉突きで自分の車にあたったというのは考えられず、仮にあたったとしても怪我の程度は軽微である」という趣旨の鑑定書を出してきました。
     しかし、私の依頼した鑑定人に言わせると、その鑑定内容はあまりに杜撰なものであり、到底鑑定とは言えないような代物であるとのことでした。
     そして、私の依頼した鑑定人は、相手方の鑑定書の内容について、詳細かつ分かりやすい内容で反論し、当方の主張が正しいことを示す内容の鑑定書を作ってくれました。
     この鑑定書が功を奏し、裁判所の出した判決においては、相手方の鑑定書は信用できないとされ、当方の主張が全面的に認められました。

    相手方(保険会社)との間で事故状況(過失割合)について争いとなっている場合、上記のように当事務所では鑑定を利用するなどして、全力でお客様の損害が賠償されるようサポートいたします。

    交通事故のご相談は電話・メール・来所を問わず無料で行っておりますので、是非ご相談下さい。