ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 人身傷害保険金は加害者から賠償前でももらえます!過失割合10対0でも請求可能。
  • 人身傷害保険金は加害者から賠償前でももらえます!過失割合10対0でも請求可能。
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    人身傷害特約とは?

    現在、人身傷害特約を付けないで任意保険に加入することはほとんどないかと思います。
    改めて説明しておきますと、人身傷害特約は、自分の過失割合を問わず保険会社の定める算定基準に従って算定された損害額が支払われるというものです。
    保険加入時の案内では「加害者との示談成立前であっても支払われる」という旨の記載がなされていることが多いです。

    本来は加害者への請求前や過失割合に関わらず請求できる

    しかし、交通事故のご相談を受けておりますと、保険会社から「加害者に請求してからでないと人身傷害保険金は請求できません」とか、「10対0の事故の場合、加害者が全額払うので人身傷害保険金は請求できません」と言われ、払ってもらえなかったという話をよく聞きます。
    また、私自身被害者の方の代理人となって、被害者の方が加入している保険会社に人身傷害保険金の請求をした時に、上記のような回答を受けたことが何度かあります。

    このような回答をする担当者は、自社の保険の約款(保険契約のルール)に違反する回答をしていることになります。

    人身傷害保険金を請求できないと言われてしまった場合の対応

    保険の約款(保険契約のルール)に書いてあるのは、「交通事故によりこれこれの損害が発生した場合、この基準に従って支払をします。支払った場合は加害者に対する請求権はこちらに渡してもらいます。」というような内容であって、まず加害者に請求しなければならないなどということはどこにも書いていません。
    ですので、もし人身傷害保険金について保険会社から上記のような回答を受けた場合は、「なぜ払えないんですか。約款にそのようなことが書いてあるんですか」と担当者に言ってみてください。上司に相談するなどして自分が間違っていることに気付き、基準に従って算定した額を支払います、という回答に変わると思います(もし変わらない場合は当事務所にご相談下さい)。

    以前「対物全損時修理差額費用特約」の不払い問題について記事を書きましたが、この問題も保険の約款(保険契約のルール)上払うべきものについて払えないと言っているわけですから、まさに不払いです。
    各保険会社にはこのようなことがないよう徹底してもらいたいと思います。

    堀江・大崎・綱森法律事務所では,交通事故損害賠償について,北海道内の方限定で電話・メール・面談による無料相談を実施しておりますので,ぜひご利用ください。