ブログ

  • 相続・遺産分割の基本
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    相続関連のブログ記事も数が増えてきたので,一度,総論的な話をしたいと思います。

    相続は,人の死亡という事実により当然生じる相続財産の承継であります(=当然承継)。

    相続の開始により,死者に属していた一切の財産上の権利義務が承継されます(=包括承継)。

    相続人が二人以上いる場合,これらの相続人は共同して相続人となり,
    各共同相続人は,その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継します(=共同相続)。

    相続財産を共同相続人全員で共有している状態を解消し,個々の相続財産を各相続人の単独所有にするための手続が遺産分割であります。(なお,死者を「被相続人」,承継するものを「相続人」といいます。遺産とは,被相続人が死亡時に有していた財産=相続財産をいいます。)

    遺産分割は共同相続人の協議によることを原則としており,協議が成立するために,特別の方式が要求されているわけではありません。

    もっとも,合意の存在と内容を明確化するため,登記等の名義変更のために,遺産分割協議書が作成されることが一般的です。

    遺産分割に特別の方式は不要であることから,裁判所等を通さずに,当事者間において任意の協議がもたれることが多いです。(この段階で,依頼を受けることも多いです。)

    もっとも,当事者間で協議が調わないときには,各当事者は,家庭裁判所に対して分割の請求をすることができるとされております。

    家庭裁判所における遺産分割方法には,調停と審判とがありますが,遺産分割が当事者間の合意による自主的かつ円満な解決に親しむことから,まずは,調停が行われることになります。

    遺産分割調停では,手続を円滑に進めるため,次のような手順で検討されることになります。

    • (1)相続人の範囲,相続分の確定
    • (2)遺産の範囲,金銭的評価の確定
    • (3)特別受益,寄与分を踏まえ,各共同相続人の相続分額を計算
    • (4)遺産分割方法を決定

    しかし,実際には,遺産分割を行うための前提問題,遺産分割に付随する問題,法的には解決できない感情的問題まで主張されることが多く,円滑に調停が進まないことも多いです。

    手続を円滑に進めるためには,遺産分割調停において話し合うべき事項と,訴訟等により解決すべき事項とを区別することが必要ということです。

    どの手続を選択するかは,専門的な知識が必要となります。

    相続人間の協議では,解決することが難しい事情がある場合,早期解決のためにも弁護士に相談することをお勧めします。

    堀江・大崎・綱森法律事務所では,相続・遺産分割の無料電話・メール相談を実施しておりますので,どうぞお気軽にご相談ください。