ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 労働条件、把握されていますか?把握させていますか?
  • 労働条件、把握されていますか?把握させていますか?
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    種田 紘志

    弁護士の種田です。

    今回は、労働をテーマにしたいと思います。
    雇用関係は大きく分けて、「労働者(働く側)」と「使用者(働かせる側)」に分かれます。
    そこで早速皆様にご質問です。
    「労働者の方、ご自身の労働条件をきちんと把握されていますか?」
    「使用者の方、労働者に対して労働条件を把握させていますか?」
    雇用契約を締結しようとする際には、使用者は、労働者に対し、賃金や労働時間などを明示する義務があるとされています。
    た、これらの事項や、就業場所、労働契約の期限の定めの有無などといった重要な事項は、
    「書面の交付」によって労働者に対して明示しなくてはらないとされています。
    実務上、この書面は
    ・「雇用条件通知書」
    ・「雇用契約書」または
    ・「就業規則」(この点については今後ブログでさらに詳しく述べたいと思います。)の呈示
    による場合が多いと思いますが、
    中には、これらの書面が存在しない場合、口約束のみで働いてもらっている場合が一定数存在しているのが実情です。
    そして、経験上ですが、紛争が生じてしまった労働関係では、これらの書面の交付がない場合が比較的多いように思います。
    そのような場合、実際の労働条件はどのようなものかというのがかなり不明確になってしまい、
    ご相談をいただいた場合でも実情を客観的に把握することが難しくなってしまうという問題が発生してしまいます。
    このような状況は、労使双方にとって好ましい状況とはいえません。
    書面の交付をしなくても大丈夫、あるいはもらわなくても大丈夫と思わず、後々の紛争の種とならないように、
    ・書面の交付を受けていない労働者の方は呈示をしてもらう
    ・書面の交付を行っていない使用者の方は呈示をする
    ことが重要です(使用者の方にとってはコンプライアンスの観点からも重要なことであると思います)。
    このブログをご覧になった際に、ふとご自身の労働条件がどうであるか、労働条件を労働者に明示しているかを振り返ってみてはいかがでしょうか。
    次回以降では、労働条件を定めるものの一つである「就業規則」について少し掘り下げていきたいと思います。