ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故によるTFCC損傷につき異議申立で後遺障害14級が認定された事例
  • 交通事故によるTFCC損傷につき異議申立で後遺障害14級が認定された事例
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    依頼者は、主治医より片方の手首についてTFCC損傷の疑いがあるとされていたのですが、MRI画像でははっきりしないため、確定診断ではなく「疑い」とされていました。

    そのため、当初自賠責保険に後遺障害の認定をした際は

    ・TFCC損傷が発生したかどうか明らかではないこと

    ・仮にTFCC損傷が交通事故により発生しているものであるとしても、それによる関節痛について後遺障害とまでは言えないこと

    を理由に、後遺障害には該当しないという認定を受けてしまいました。

    一番の問題はそもそも自賠責保険の方でTFCC損傷が発生していることについて確証が無いと考えていることですので、主治医がTFCC損傷の疑いがあると判断する根拠となったMRI画像を依頼者の通っていた病院から取り寄せ、「疑い」ではなくTFCC損傷が発生しているという意見を、主治医とは別の医師から取り付けました。

    また、なぜTFCC損傷が発生することになったかについても、依頼者が運転中でハンドルをしっかりと握っていたところに横から加害者の車が突っ込んできたために手首に強い衝撃が走ったという事故状況を詳しく説明しました。

    その結果、当初非該当だったものが14級の認定を受けることができました。

    14級の認定を受けたことで認定を受けていなかった場合と比較し、後遺障害慰謝料と後遺症逸失利益の合計で約200万円賠償金が増額となりました。

    このように医師から意見書と取り付けたり、事故状況の詳細を記載したりした上で、異議申立を行うことにより適切な後遺障害の認定を受けることができる場合があります。

    交通事故のご相談は電話・メール・来所を問わず無料で行っておりますので、自賠責の後遺障害の認定がおかしいと思われる方は是非ご相談下さい。