ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 超過特別受益がある場合の遺産分割
  • 超過特別受益がある場合の遺産分割
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    以前「相続における『特別受益』の扱いについて」というブログにて,

    複数いる相続人の一人だけが被相続人から生前贈与を受けていたり,遺贈を受けていたりする場合の遺産分割の考え方について説明させて頂きました。

    今回は,一部の相続人が受けた特別受益が本来の相続分を超えて場合の遺産分割の考え方です。

    具体例でみてみましょう。

    被相続人Xは,600万円の財産を残して死亡した。Xの相続人は,長男A,長女B,次男Cがいる。被相続人Xは,長男Aに住宅購入資金として1000万円を,長女Bに結婚資金として500万円を生前贈与している。

    1.みなし相続財産を計算する

     600万円+1000万円+500万円=2100万円

    2.各相続人の本来的相続分

    長男A,長女B,次男Cの法定相続分は,それぞれ3分の1である。

     2100万円×1/3=700万円

    3.各相続人の具体的相続分

     長男A:2100万円×1/3-1000万円=-300万円(超過特別受益者)

     長女B:2100万円×1/3-500万円=200万円

     次男C:2100万円×1/3=700万円

    長女Bと次男Cに相続分とおりの相続をさせるためには,被相続人の遺産が900万円必要です。

    しかし,被相続人の遺産は,600万円しかありません。(長男Aが法定相続分以上の生前贈与を受けているということです。Aのような相続人を超過特別受益者といいます。)

    本件の場合,どのように遺産分割を行えば良いのでしょうか?

    超過特別受益者は,法律上,新たに財産を取得することはできない(民903条2項)とされる一方,超過分を返還する必要まではないとされております。

    その結果,不足額(本件では900万円-600万円=300万円が不足額)は,他の相続人(本件では,長女Bと次男C)が負担しなければならないとされています。

    計算方法としては,次の二通りが考えられるとされております。

    ①具体的相続分を基準に按分する方法

     長女B:200万円-(300万円×200万円/200万円+700万円)=約133万円

     次男C:700万円-(300万円×700万円/200万円+700万円)=約466万円

    ②本来的相続分を基準に按分する方法

     長女B:200万円-(300万円×1/1+1)=50万円

     次男C:700万円-(300万円×1/1+1)=550万円

    他の相続人が,超過特別受益者に対して何らかの請求をできるのは,他の相続人の遺留分が侵害され,当該特別受益が遺留分減殺請求の対象となる場合に限られます。

    超過特別受益が問題となる場合,他の相続人は,当然には超過特別受益者に返還請求できないからこそ,慎重な対応が必要となります。相続人の一人だけが,被相続人から利益を受けていた場合には,是非,当事務所の遺産相続無料相談をご活用して下さい。