ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 遺言の内容と異なる遺産分割協議は可能??
  • 遺言の内容と異なる遺産分割協議は可能??
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    弁護士の阿部です。

    今回は,遺言があるにも関わらず,遺言の内容と異なる遺産分割を行うことは可能なのかどうか,という点についてご説明させていただきます。

    1,遺言執行者の指定がない場合

    遺言執行者の指定がない場合は,遺言があっても,相続人全員の総意であれば,遺言の内容と異なる遺産分割を行うことは基本的に可能とされています。

    これは,遺言に従って財産を相続する相続人全員が納得しているのであれば,その自由な意思を尊重しても特段の問題はないという考え方に基づいて,そのような取扱いがなされているものです。

    簡単に具体例で整理してみましょう。

    被相続人:Aさん
    相続人:Aさんの妻Bさんと,子どもCさんの計2名
    遺産:預金1000万円,不動産(自宅土地及び建物)
    遺言の内容:Bさんに自宅不動産,Cさんに預金1000万

    上記のようなケースだったとします。
    この場合,Aさんが亡くなられた後,BさんとCさんが2人とも同意すれば,

    『Bさんに自宅不動産,Cさんに預金1000万円』

    となっている分割内容を,例えば

    『Bさんに預金1000万円,Cさんに自宅不動産』というように変更することも可能となります。

    遺言があっても,遺言が作成された時期がかなり前だったりしますと,被相続人の方が遺言を書いた頃に想定していたものと状況が大きく変わっているような場合もあります。
    その様な場合,遺言があるからそれに従わなければならないのだ,とあきらめずに,別な分割方法を積極的に検討してみることをお勧めいたします。

    2,遺言執行者の指定がある場合

    この場合は,遺言執行者が法律上遺言の誠実な執行について義務を負っていることから,単に全ての相続人が同意しているからといって,遺言執行人を無視して相続人が勝手に遺言の内容とは異なる遺産分割を行うことは問題であると考えられています。

    もっとも,遺言執行者の同意のもとに,利害関係を有する関係人全員で協議がなされ,その協議結果に基づいて(遺言と異なる内容の)遺産の処分が行われた際に,そのような処分行為は有効とした裁判例も存在します。

    実際のところ,遺言執行人も交えて誠実な協議がなされた上で遺言の内容と異なる分割を行うのであれば,それによって困る人はいないと考えられますので,利害関係人全員の総意を尊重することに大きな問題はないように思われます。

    とはいえ,遺言執行者が金融機関等の法人であったりする場合には,そのような個別事案における柔軟な対応を行わず,定型的に遺言執行を進めてしまうということも現実にはあるようです。

    遺言執行人に同意を取り付けたいものの,交渉が思うように進まないというような場合や,そもそもどんな風に話合いをしてよいかわからないというような場合には,ぜひ当事務所までご相談ください。

    (なお,相続・遺産分割に関するご相談は,お電話相談も含めて無料で承っております。詳細は遺産相続無料相談のページをご参照ください。)