相続・遺産分割

  • 預貯金債権は遺産分割の対象となるとした最高裁の決定
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    2016年12月19日,「共同相続された普通預金債権,通常貯金債権及び定期貯金債権は,いずれも,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく,遺産分割の対象となる」旨を判示した最高裁の決定がなされました。これまでの最高裁判所の判例では,預貯金債権は,相続開始となった場...
  • 遺言・相続に関する民法の改正審議について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    現在,法務省内において,遺言・相続に関する民法の規定の改正について審議がなされています。平成28年7月12日には,「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」が公表されて,これに対する意見公募の手続(パブリックコメント)が行われています。中間試案における改正点は,1)配偶者の居住...
  • 財産が少ない方ほど「争族」対策が必要です!!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    こんにちは。弁護士の阿部竜司です。皆さんは,ご自身や,ご自身のご両親の相続について,「うちはせいぜい自宅不動産くらいで,他には多少の預貯金があるくらいなものだから,相続税もかからないはずだし,特に対策は必要ないな。」なんて思っていらっしゃいませんか。実は,そのような方が亡くなられ...
  • 遺言は「公正証書遺言」で残そう!!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    こんにちは!弁護士の阿部です。今回は,「公正証書遺言」についてご説明します。以下では,①公正証書遺言とは何か,②公正証書遺言の作成手続はどのようなものか,③公正証書遺言を作成するメリットという順番でご説明していきますので,例えば③だけが気になる方は,①,②の部分は飛ばしてください...
  • 信託を活用した財産管理・承継について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    信託とは?昨年末の新聞に,財産管理・承継の手法として「信託」が注目されているとの記事がありました。信託とは,「信託法」という法律の定めるところによって,委託者が受託者に対して,一定の目的に従って財産の管理・処分等の行為を委ねる仕組みをいい,信託契約を締結する方法や遺言書を作成する...
  • 自分で遺言を書く時に気をつけなければいけない5つのポイント
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    今回は,自分自身で遺言を書くときに気をつけなければいけない5つのポイントについてご説明したいと思います。(ちなみに,専門用語では,自分自身で書いた遺言のことを,「自筆証書遺言」(じひつしょうしょいごん)と呼んでいます。)※なお,法律用語では「遺言」と書いて「いごん」と読みます。「...
  • 遺産分割の対象外となる遺産について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    「遺産分割の対象にならない遺産」というと何か矛盾した表現のように思われるかもしれませんが,必ずしもそうではありません。「遺産分割」とは,亡くなられた方が残した遺産について,どの遺産を誰(どの相続人)が承継するのかを確定するための手続をいいますが,遺産の中には,このような遺産分割の...