ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(赤い本)と交通事故損害額算定基準(青本)
  • 民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(赤い本)と交通事故損害額算定基準(青本)
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    交通事故による損害賠償においては,損害算定の「基準」がよく問題となります。今回は,『民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準』(いわゆる「赤い本」)と『交通事故損害額算定基準』(いわゆる「青本」)の異同等について若干解説したいと思います。

    加害者の加入する任意保険会社が交通事故の被害者に対して損害賠償額の提示をする場合には,任意保険会社が自ら定めた支払基準に従った賠償額を提示するのが通常です。しかしながら,交通事故の被害者と加害者の加入する任意保険会社との間には,任意保険会社の定めた支払基準に従うというような合意(契約)はないのですから,被害者としては,保険会社の定めた支払基準に従うべき理由はありません。法律上の原則からすれば,被害者は加害者等に対して,事故によって生じた(事故と因果関係のある)損害の賠償を求め得ることになります。そして,何が事故と因果関係のある損害であるのかや損害の額等については,最終的には訴訟において裁判官が判断すべき事柄であるといえます。

    しかしながら,交通事故損害賠償に関しては,大量の事故を迅速に解決する必要性や事故毎に賠償額に大きな差が生じないようにという公平性の観点などから損害額算定の基準が設けられており,多くの事案において算定基準に沿った解決(和解,判決)がなされています。『民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準』と『交通事故損害額算定基準』は,どちらもこのような裁判等における損害賠償額算定の基準を示したものといえます。

    赤い本と青本の違いについてですが,まず,赤い本が「公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部」の発行によるものであるのに対し,青本は「公益財団法人日弁連交通事故相談センター」(本部)の発行によるものである点が異なります(なお,赤い本については,かつては「東京三弁護士会交通事故処理委員会」が公表していたものが,1996年から財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部との共編となり,2004年に東京三弁護士会交通事故処理委員会の解散後は,現在の名義で編集・発行されるようになったとの経緯が,赤い本の「発刊にあたって」に記載されております。)。なお,かつては裁判官が裁判所の損害賠償額算定基準を作成して公表していた例もあり(沖野威「東京地裁民事交通部の損害賠償算定基準と実務傾向」別冊判例タイムズ1号参照),最近でも大阪地裁において民事交通事故訴訟を担当している裁判官により組織された大阪地裁民事交通訴訟研究会による『大阪地裁における交通損害賠償の算定基準〔第3版〕』(判例タイムズ社,2013年)の出版例がありますが,赤い本・青本は,上記の発行名義からも分かるとおり,いずれも裁判所が作成・公表したものではなく弁護士(による委員会)が作成しているものです(そのため「弁護士基準」ともいわれます。)。赤い本・青い本の発行名義は異なりますが,作成を担当している主な弁護士メンバーには重なりがあるようです。

    発行主体の違いとも関連して,赤い本が「東京地裁の実務に基づき賠償額の基準を示し,参考になる判例を掲載」するものとされているのに対して,青本は「算定基準とその解説を中心に,全国の参考となる裁判例を掲載」するものとされています(公益財団法人日弁連交通事故相談センターのウェブサイト参照)。赤い本が東京地裁交通部(民事27部)のスタンダードを公表することを基本的な目的としているのに対し,青本は基本的には全国の相談センターで使ってもらうための本として想定されており,例えば慰謝料基準に関しても下限と上限を示すという形で幅をもった記載がなされていることが特色であると指摘されています(松居英二「損害の算定1」東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会編『民事交通事故訴訟の実務』〔ぎょうせい,2010年〕77-79頁参照)。しかし,赤い本と青本にはこのような編集方針の違いがあるものの,赤い本がほぼ全国で裁判基準として用いられているのが現状であるとされています(岸郁子「講演録 交通事故事件の基礎と実務 前編」二弁フロンティア2013年10月号3頁参照)。

    それぞれの本が想定する読者に関して,赤い本は「法曹関係者向けの専門書」(公益財団法人日弁連交通事故相談センターのウェブサイト参照)であるとされています。青本の内容も専門的なものであり,一般向けの解説書とはいいにくいように思われますが,赤い本よりも丁寧に解説を書き込むというスタイルで編集されているようです(松居英二「損害の算定1」79頁参照)。なお,赤い本と青本の解説書として,損害賠償算定基準研究会編『三訂版 注解交通損害賠償算定基準』(ぎょうせい,2002年)も発刊されていますが,現在では絶版となっているようです。

    発行頻度に関しては,赤い本が毎年,青本が隔年で出版されており,現時点(平成28年5月)では,赤い本は平成28年版(第45版)が,青本は平成28年版(25訂版)が最新のものとなっています(赤い本の最新版における改定内容については,民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(赤い本)の改訂の記事もご覧ください)。いずれについても,公益財団法人日弁連交通事故相談センターのウェブサイトから購入申込書をダウンロードして送付することにより購入することが可能となっています。

    以上のような赤い本と青本は,交通事故損害賠償事件を取り扱う弁護士において必携の書であるということができます。しかしながら,先にみたとおり,具体的な事案における損害賠償額は本来訴訟において裁判官が個別に判断すべき事柄であることからすれば,「基準」のみを絶対視することは適切とはいえません。また,赤い本や青本に掲載された裁判例を示談交渉等の場面における根拠として用いる際には,その裁判例がどのような具体的事案に対する判断であったのかを知る必要があります(そのためには,赤い本・青本に掲載されたダイジェストではなく,裁判例の全文を確認する必要があります)。

    具体的な事案における損害賠償の問題に関しては,北海道内の方限定で交通事故無料相談を実施しておりますので,当事務所までご相談ください。