ブログ

  • 年金分割をお忘れなく!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    樋口 紗弥

    1年金分割制度とは

    年金分割制度をご存じですか。

    年金分割とは,離婚後に,いわゆる年金の2階部分にあたる厚生年金保険料の納付記録を分割する制度です。保険料納付記録とは,年金保険料の算定の基礎となった「標準報酬(標準報酬月額と標準賞与額)」をいいます。

    ここでご注意いただきたい点は,支給される年金額自体を分割するわけではなく,保険料の算定基礎となる標準報酬を分割するということです。

    年金分割は,離婚した高齢女性が経済的に困窮する場合が多いという状況を踏まえ,女性の年金の増加を図る目的で創設された制度で,平成19年4月に運用が始まりました。
    年金分割制度には,(1)離婚分割(合意分割)と(2)3号分割の2種類があります。

    (1)離婚分割(合意分割)

    離婚分割は,まず、離婚する夫婦が,合意又は裁判手続により,保険料納付記録の按分割合(最大2分の1)を決めます。その後,年金事務所に請求することにより,婚姻期間に対応する標準報酬額の多い当事者の保険料納付記録を少なかった方の当事者に分割することができる制度です。

    (2) 3号分割

    厚生年金に加入している会社員や公務員等(第2号被保険者)の配偶者で,年収130万円未満の者(専業主婦等)は,第3号被保険者と呼ばれています。平成20年4月1日以降の婚姻中に,第3号被保険者期間がある場合に利用できる制度です。

    3号分割は,当事者間の合意や裁判手続は不要です。第3号被保険者が年金事務所に請求すれば,その期間に対応する第2号被保険者の保険料納付記録の2分の1が,第3号被保険者であった当事者に分割される制度です。離婚分割よりも簡単な手続により,年金分割ができます。

    離婚分割も3号分割も,請求期限が,原則離婚から2年とされているため,注意が必要です。

    2 年金分割の利用状況と受給できる年金額

    厚生労働省が発表した「平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」には,厚生年金保険における年金分割の状況として,「離婚等に伴う保険料納付記録件数の推移」が掲載されています。
    これをみると,年金分割の請求件数自体は,増加傾向にあるものの,全体の離婚件数に対する年金分割利用の割合は,1割にも満たない状況です。調停離婚や裁判離婚の場合の多くが年金分割が行われていますので(調停申立書の書式にも年金分割のチェック欄が記載されています),裁判所を介さない協議離婚の場合の大半が,年金分割の請求をしていないことがわかります。

    また,離婚分割を実際に行い,年金を受給している人の年金額の推移については,「離婚分割 受給権者の分割改定前後の平均年金月額等の推移」と「3号分割のみ 受給権者の分割改定前後の平均年金月額等の推移」が掲載されています。
    離婚分割の場合、平均月額で3万円余りがプラスされています。これに対し、3号分割の場合、増加額の1番多い平成26年度の平均月額は約3600円しか増加していません。これをみると、特に3号分割については、増加額が少ないように思われるかもしれません。しかし,今後は、高齢化が進み,年金の受給期間が長期になることを考えると,たとえ1か月の増加額が限られていても、年金分割のメリットはあると思います。

    上記のとおり年金分割には、2年間の期間制限があります。年金受給年齢に達したときに後悔しないために、離婚する場合には、年金分割を積極的にご利用いただければと思います。

    次回は,年金分割の手続について,もう少し詳しくご説明します。

    年金分割に限らず,離婚についてお悩みがありましたら,お気軽にご相談ください。