ブログ

  •  > 
  •  > 
  • ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)で後遺障害等級12級が認められました
  • ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)で後遺障害等級12級が認められました
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    交通事故によってド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)を発症した事例で,先日,後遺障害等級12級を前提とする和解が成立しました。

    このケースでは,被害者の方は,交通事故後に手首の痛みに悩まされ,症状固定後も動作時には手首,親指の付け根下部,手の甲の筋,それぞれの指の節々に疼痛を生じるという自覚症状が残り,仕事や家事に多大な支障が生じていたものです。

    本件の事故は,車両同士の追突事故であり,ハンドルを握っていた被害者の右手に強い衝撃が加わったことが原因と考えられました。TFCC損傷などの怪我と同じく手首の腱に異常が生じると,手首をひねったり,荷物を持って手首に不可がかかると強い痛みが生じるため,日常生活に与える影響は大きいものでした。

    主治医からは右手首の腱鞘炎の診断が得られており,MRI画像でも親指側の腱部分に高輝度反応があり,素人目にも炎症像が確認しやすいケースでした。

    このように神経症状の発生について,他覚的所見が確認できる場合には,後遺障害等級としては12級となるのが理屈なのですが,自賠責保険の後遺障害等級認定手続では,腱などの軟部組織については,他覚所見があったとしても,12級を認めず,14級とする強い傾向があります。このケースでは,労災手続を取っており,労災では12級が認定されましたが,自賠責保険では14級に認定に止まっていました。

    本件の依頼者は,同じ手首のTFCC損傷のケースで,裁判で12級相当の和解を勝ち取ったという当事務所のブログ記事を見て,当事務所に相談申込みをされた方です。ご自身も同じ症状悩まれているということで示談対応を依頼いただきました。

    依頼をお受けしてからは,後遺障害等級を争うために,協力医の意見を聞き,ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)であり,MRIで他覚所見ありとの意見をもらいました。これに従って自賠責保険に異議申立てを行いましたが,それでも12級が認められなかったため,訴訟を提起しました。

    訴訟の中では,保険会社からは保険会社の顧問医の意見書が出され,交通事故とド・ケルバン病の診断までに時間が空いていることなどが反論として出されましたが,最終的に裁判所からは12級を前提とする和解案が提示され,勝訴と同等の解決案を得ることができました。決め手になったのは,こちらの協力医の意見書が非常に説得的であったという点だと思います。

    このケースでは訴訟がやや長期化したため,解決までには1年以上を要することになりましたが,最終的には被害者の方に納得いただける解決を図ることができました。交通事故によるド・ケルバン病でお悩みの方に希望を与える解決になったと思います。

    後遺障害等級の異議申立てが通らず,依頼者としても不安を覚えながらの裁判になったと思いますが,私としても諦めずに請求をするということの大切さを再認識する事件になりました。