ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故についてのご相談・ご依頼のタイミングについて
  • 交通事故についてのご相談・ご依頼のタイミングについて
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。
    今回は、交通事故被害に遭ったときに、どのタイミングで弁護士に相談ないし依頼をしたら良いかについて説明したいと思います。

    相談のタイミング

    相談のタイミングですが、相談を受ける弁護士としての視点で言えば、早ければ早いに越したことはありません。
    あまり早いとそもそも何を相談したら良いのか分からないとご心配になるかもしれませんが、交通事故においては様々な注意点があります。
    たとえば、以下のようなものです。
    ・人身事故なのに物件事故(物損事故)として警察に届け出ていないか(自賠責保険からの支払を受けられなくなる場合もあるため)
    ・実況見分の際に、きちんとこちらの認識に沿った内容で調書の作成が進められているか(過失割合についてこちらに不利に認定される可能性があるため)
    ・発生している症状に対応した診察を受けているか(痛みがあまり酷くないからと受診せずにいると、後日やはり痛くなって受診しようとしても事故と怪我との因果関係が認められないこともあるため)
    このように、事故の直後であっても注意すべきポイントがあり、今度の対応についてのアドバイスを受けることができますので、早めに相談頂いても問題ありません。
    当事務所の交通事故電話相談・メール相談は何度でも無料でできますので、事故直後であっても遠慮無くご利用下さい。

    依頼のタイミング

    依頼を受ける弁護士としての視点で言えば、相談と同様に早ければ早いに越したことはありません。
    もっと早く依頼を受けられていれば適切な金額で示談できたのに、と思うことは多々あります。
    たとえば、
    ・医師にきちんと後遺障害の内容を説明できていなかったため、不適切な後遺障害診断書が作成され、後遺障害が認定されなかった
    ・こちらにも過失がある事案なのに健康保険を使わずに受診したため、高額の医療費負担が発生してしまった
    など、依頼を受けた時点ではもはや対処が困難なこともあるのです。

    ただし、無料である相談と異なり、依頼となると弁護士費用が発生します。
    ご契約の任意保険に弁護士費用特約が付いている場合は、弁護士費用は保険で賄われますので、早めに弁護士に依頼されることをおすすめします。
    問題はご契約の任意保険に弁護士費用特約が付いていない場合です。
    事案によっては、弁護士を入れなければ適切な示談金額まで持っていくことは難しいだろうと思われるものもあれば、弁護士を入れずとも無料相談でのアドバイスだけで適切な金額での示談が可能と思われるものもあります。
    このように事案によって異なりますので、早めに弁護士の無料相談を受けて頂き、弁護士に依頼すべき事案なのか、依頼するとすればどのタイミングで依頼したら良いか、を確認して頂くのがよろしいかと思います。
    当事務所の場合であれば、お聞きした内容を元に、弁護士を入れることでどれくらいの示談金額の増加が見込まれるのか、弁護士費用を差し引いても手元に残る金額があるかどうかをご説明しますので、それを踏まえて弁護士に依頼するかどうかご判断いただくことが可能です。
    仮に、相談の結果、支払う弁護士費用以上に示談金額が増えるとは見込まれず、弁護士に依頼しなかったとしても、相談料が発生することはありません。
    ですので、依頼のタイミングを知る上でも無料の相談を早めに受けて頂くことをおすすめします。
    その際は、ぜひ当事務所の交通事故無料電話相談・メール相談を是非ご利用下さい。