ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故 整骨院,接骨院の施術について
  • 交通事故 整骨院,接骨院の施術について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    交通事故により頚椎捻挫や腰椎捻挫の傷害を負った方の中には,整骨院や接骨院に通われている方も多く存在します。相談を受けていて感じることは,整骨院・接骨院と整形外科の区別がついていない方が一定数いるということです。
    例えば,「整形外科の治療費は出してくれるのに,保険会社担当者が,整骨院の費用は払わないと言っている。」とか,「整骨院では,まだ通った方が良いといっているのに,保険会社担当者が,治療打ち切りを通告してきた。」とか。
    そこで,今回のブログでは,整骨院や接骨院,そしてその施術費について説明したいと思います。

    整骨院・接骨院とは,柔道整復師が柔道整復の業務を行う場所,すなわち「施術所」を意味します。
    そして,柔道整復師については,柔道整復師法2条1項において,「柔道整復師とは厚生労働大臣の免許を受けて,柔道整復を業とする者」と定められています。
    「柔道整復」の定義が気になるところだと思いますが,法律上,正面から定義付ける条文はありません。
    ある判例で述べられていた「柔道整復とは打撲,捻挫,脱臼および骨折に対して,外科手術,薬品の投与またはその指示をする等の方法によらないで応急的若しくは医療補助的方法によりその回復をはかることを目的として行う施術を指称するもの」との定義が理解しやすいかもしれません。すなわち,柔道整復師が施術をできる場面は,①打撲,②捻挫,③医師の同意の下での脱臼(応急手当を除く。),④医師の同意の下での骨折(応急手当を除く。)に限定され,施術内容としても,手術・投薬はできず,レントゲン撮影や診断もできないということです。

    科学的に説明が可能とされている西洋医学に基づく治療に対し,その効果を科学的に説明することが難しいとも指摘されている東洋医学(接骨院・整骨院や鍼灸院での施術など)については,その費用(=施術費)について,交通事故との因果関係(施術の必要性・相当性)が問題となることが多いです。
    この点,医師による指示がある場合には,因果関係が認められやすいと考えられています。医師は,専門的知識と経験に基づき, 個々の患者の個体差を考慮しつつ,変化する病状に応じて治療を行うとされており,その医師が柔道整復等を必要と判断した場合には,診療行為における裁量の範囲内として,必要性・相当性が認められやすいためです。
    もっとも,医師が行う治療であっても,あまりに長期に及ぶ場合等は必要性・相当性が争いになることも多く,このことからすると,医師の指示や同意さえあれば因果関係が問題とならないというわけではありません。
    また,柔道整復が柔道整復師法によって許容されていること(「あん摩マツサージ指圧師,はり師,きゆう師等に関する法律」という法律もあります),痛み緩和の効果もみられたり,全国的に普及・一般化していること等もあり,医師の指示や同意がない場合であっても,交通事故との因果関係が認められる場合があると解されています。
    いわゆる赤い本においても「症状により有効かつ相当な場合,ことに医師の指示がある場合などは認められる傾向にある」と記載されております。

    しかし,「○○という事情があれば,上記要件を満たす。」との明確な基準があるわけではなく,一般的には,施術の必要性や有効性,施術内容の合理性,施術期間の相当性,施術費の相当性など様々な事情を総合考慮しなければ判断できないとされております。
    専門的な知識を有しているからこそ,アドバイスできることもあると思います。
    治療費・施術費でお悩みの場合には,当事務所の交通事故無料相談をご利用下さい。