ブログ

  •  > 
  •  > 
  • 交通事故の治療のための有給休暇-休業損害は請求できる?
  • 交通事故の治療のための有給休暇-休業損害は請求できる?
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。
    皆さん有給休暇は取得(消化)していますか。
    交通事故に遭って、怪我の治療のために仕事を休んで病院に行かなければならないという時に、有給休暇がまだ余っているから、この機会に使ってしまおうという方もおられると思います。

    有給休暇を取得しても損害はある

    果たしてその場合に休業損害は請求できるのでしょうか。
    有給休暇である以上、休んだとしても受け取る給料の額は減ることはありません。
    そうだとすると、一見休業損害は請求できないようにも思えます。

    しかし、被害者としては、有給休暇を取得する権利を失っているわけですから、損害は発生しているのです。
    ですので、交通事故の治療のために有給休暇を取得した場合は、損賠賠償を請求できます。

    有給休暇取得の損害額

    では、いくらを請求できるのでしょうか。
    一つ例を挙げてみましょう。交通事故日は平成29年6月1日で、月給は30万円(額面)で、土日は仕事が休み、6月末までに5日の有給休暇を取得したとします。

    期間で計算?出勤日ベースで計算?

    この場合の有給休暇の1日あたりの価値の考え方として、月給30万円を6月1日~30日までの30日間で割るのか、土日を除いた22日間で割るのか、どちらが正しいのでしょうか。
    前者であれば有給休暇の1日あたりの価値は1万円となり、後者であれば13,636円となります。
    これについては、正解があるわけではなく、裁判例としても前者のように計算したものもあれば、後者のように計算したものもあります。

    出勤日ベースで交渉する

    私としては、有給休暇は出勤しなければならない日について取得できるものであって、休みの日に有給休暇を取得するこということはできないのですから、あくまでも月給を出勤日で割って計算すべきと考えています。
    最近取り扱った事件でも、保険会社は前者のように計算してきたので、私の方で交渉し、月給を出勤日で割った金額を賠償してもらいました。

    交通事故は弁護士に相談を

    このように弁護士に依頼することで、十分な賠償を受けることができる場合があります。
    交通事故のご相談は電話・メール・来所を問わず無料で行っておりますので、是非ご相談下さい。