その他

  • 男

    不動産の貸主からの依頼で賃料の増額に成功した事例

    依頼者は、不動産を貸して賃料を得ていましたが、貸し始めたのは消費税が導入されるより前のことで、消費税導入後、借主と賃料の増額交渉を何度か行いましたがまとまらなかったため、当事務所に相談がありました。

    弁護士としての活動内容

    当事者間での話し合いではまとまらない状況であったため、裁判所に対し、賃料増額を求める調停を申し立てました。
    調停手続においては、不動産価格自体は現状右肩下がりでも、バブル期に高騰した価格から下がっているだけで、貸し始めた当時よりは価格が上がっていることや、消費税導入により賃貸に伴う税金が上がっていることなどを主張しました。

    解決結果

    相手方からは土地価格は多少上がっていても、建物価格は貸し始めた当時より大幅に下がっていることなどの主張がされましたが、裁判所からは小幅ながら増額を認める調停案が出され、双方がその案を了解し、賃料を増額することができました。