ブログ

  • 同一労働同一賃金とは?~裁判例を踏まえて~
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    種田 紘志

    弁護士の種田です。今回は最近話題となっている、「同一労働同一賃金」という点について解説します。「同一労働同一賃金とは?」同一労働同一賃金とは、例を挙げて言うと、同一の業務を行っているにもかかわらず、賃金の差が設けられることは許されないという考え方のことです。近年、派遣社員や有期雇...
  • 離婚と不貞行為
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    離婚手続と離婚原因というブログで,離婚理由によって離婚できる手続が異なることを紹介させてもらいました。協議離婚と調停離婚の場合には,離婚理由に制限はありませんが,訴訟となり(当事者間に合意が成立せず=和解離婚とならず),判決に至る場合には,離婚理由が限定されます。民法770条の離...
  • 【不動産】不動産の明渡しと即決和解
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    最近,不動産の明渡しに関する相談を受けることが増えています。大半のケースは,家賃の滞納があるため,賃貸借契約を解除して,退去を求めたいという相談です。このような賃料の滞納ケースの相談における相談趣旨は,➀そのケースで賃貸借契約の解除が認められるのかという点と,➁解除が可能とした場...
  • 任意整理における債権者への送金について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    弁護士法人アディーレ法律事務所(以下「アディーレ」と言います。)に対し業務停止の懲戒処分が行われたことがニュースになっていますが、アディーレに債務整理を依頼していて、和解に基づき現在返済中の方が多数おられます。業務停止によりアディーレは受任している事件を解除(解約)しなければなら...
  • 有期雇用契約におけるクーリング(期間)
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    種田 紘志

    弁護士の種田です。今回は有期雇用から無期雇用への転換をご説明した前回記事に続き、有期雇用に関する法規定の解説をいたします。前回、有期雇用から無期雇用に転換されるための一つの要件として、「通算雇用期間が5年を超えること」が定められています。この通算というのは、原則的には複数の契約の...
  • 離婚と生活費
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    前回,離婚までの手続(と離婚原因)についてご紹介しました。協議離婚を目指し交渉を行う場合も,調停や訴訟で離婚を目指す場合も,すでに別居を開始している方が多いのが実情です。別居や離婚に伴い,生活が一変することになります。離婚するまでの生活費特に離婚協議がきっかけとなり別居が開始した...
  • 【交通事故】交通事故で椎間板ヘルニアになった場合の注意点
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    椎間板ヘルニアとは交通事故がきっかけで椎間板ヘルニアを発症することがあります。椎間板ヘルニアというのは,背骨と背骨の間にある椎間板が変性し,椎間板の内部組織が椎間板から飛び出た状態のことを指します。椎間板ヘルニアになると,それが腰椎(腰部椎間板ヘルニア)に発生した場合には下肢の,...
  • 自己破産において破産管財人が選任される場合とは - 管財事件になる理由について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    前回の記事において、自己破産を申し立てた場合に、どのくらいの割合で管財事件になっているのかについて解説いたしましたが、今回は管財事件になるのはどのような事件なのかについて解説したいと思います。前回の記事で書きましたが、裁判所の統計によりますと、管財事件になるもののうち①一定以上の...
  • 有期雇用から無期雇用への転換について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    種田 紘志

    弁護士の種田です。今回は、有期雇用(雇用について期間を設定した契約形態)の形態について、無期雇用(雇用について期間を設定していない形態)への転換に関する法規定を解説します。有期雇用に関する法律の規定有期雇用は、文字通り期間を定めている雇用形態を指します。例えば平成29年1月から6...
  • 離婚手続と離婚原因
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    離婚事件の進め方弁護士が離婚事件を受任した場合,まずは,協議離婚を目指し相手方と①交渉(協議)をしていくことになります。当事者間の協議において条件等が合致せず,協議離婚ができない場合,裁判所を利用して離婚を目指すことになります。(もちろん既に調停・訴訟になっている離婚事件を受任す...