ブログ

  • ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)で後遺障害等級12級が認められました
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    交通事故によってド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)を発症した事例で,先日,後遺障害等級12級を前提とする和解が成立しました。このケースでは,被害者の方は,交通事故後に手首の痛みに悩まされ,症状固定後も動作時には手首,親指の付け根下部,手の甲の筋,それぞれの指の節々に疼痛を生じるという...
  • 「23条照会」をご存知ですか?
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    「23条照会」(弁護士会照会)の制度をご存知でしょうか?弁護士法23条の2は,「弁護士は,受任している事件について,所属弁護士会に対し,公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることを申し出ることができる」,「弁護士会は,前項の規定による申出に基き,公務所又は公私の団...
  • 相続人の存否が不明の場合
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    横山 尚幸

    以前,相続放棄に関するテーマを取り上げました(相続放棄と財産管理について)。では,相続人全員が相続放棄を行った場合にはどうなるのでしょうか?民法「第五編 相続」の「第六章 相続人の不存在」には,次の規定が存在します。951条 相続人のあることが明らかでないときは,相続財産は,法人...
  • 平成28年司法試験の結果
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    2016年9月6日に平成28年の司法試験の合格発表が行われました。今年度の合格者数は1583人で,現行の試験制度に移行した2012年以降で最少人数であったとのことです。北海道内の法科大学院の修了者については,北海道大学法科大学院から30名,北海学園大学法科大学院から2名が合格しま...
  • 交通事故で怪我をしたときはしっかり通院を!!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    交通事故に遭って怪我をしたとき。この場合,怪我の治療のために病院に通院することになるのですが,仕事の都合などでなかなか通院することができない!というケースがあります。通院期間が開くとこんな不利益が例えば,交通事故に遭って,初診時には最初は全身に痛みが出るような状態だったものの,そ...
  • 遺言・相続に関する民法の改正審議について
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    綱森 史泰

    現在,法務省内において,遺言・相続に関する民法の規定の改正について審議がなされています。平成28年7月12日には,「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」が公表されて,これに対する意見公募の手続(パブリックコメント)が行われています。中間試案における改正点は,1)配偶者の居住...
  • 債務整理について認定司法書士が代理できる範囲について判示した最高裁判決
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    北海道・札幌の弁護士、堀江・大崎・綱森法律事務所のブログです。今回は、弁護士業界・司法書士業界で大きな話題となった標記の最高裁判決を取り上げます。 認定司法書士の代理権の範囲に関する争い一般的に司法書士の業務というのは登記業務などですが、平成15年に司法書士法が改正され...
  • 財産が少ない方ほど「争族」対策が必要です!!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    阿部 竜司
    ※阿部竜司弁護士は平成28年9月30日をもって当事務所を退所・独立いたしました。

    こんにちは。弁護士の阿部竜司です。皆さんは,ご自身や,ご自身のご両親の相続について,「うちはせいぜい自宅不動産くらいで,他には多少の預貯金があるくらいなものだから,相続税もかからないはずだし,特に対策は必要ないな。」なんて思っていらっしゃいませんか。実は,そのような方が亡くなられ...
  • 交通事故紛争処理センターのあっせん手続
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    大崎 康二

    平成23年度から4年間務めてきた財団法人交通事故紛争処理センター札幌支部の相談担当弁護士としての任期が今年4月をもって終了となりました。交通事故紛争処理センターに交通事故の被害者からあっせんの申立があると,事案ごとに相談担当弁護士というものが指定され,まずは被害者との面談相談を行...
  • ホームページをリニューアルしました!
    堀江・大崎・綱森法律事務所
    堀江 健太

    3月下旬にホームページのデザインをリニューアルしました。当事務所のホームページを訪問される方のアクセス環境は、約5%がタブレットで、残りはパソコンとスマホがほぼ同じ割合となっています。以前のホームページは、2011年の夏にリニューアルしたものであり、当時はまだスマホの普及率も低く...